忍者ブログ
せっかくいらっしゃったのですから↑のboundheadをクリックして最新記事も見て帰ってくださると幸いです。コメントは承認制となっております。
[1] [2] [3] [4] [5] [6
Posted by バウンドヘッド - 2020.06.29,Mon
今期のアニメ、あれこれ見てて、音楽にすごく引き付けられたのが「グレイプニル」だった。特にEDの「雨と体液と匂い」は最近ヘビーローテーションで聴いてます。




シンセベースの音像というか、なんかいいですよね。

で、Miliってあの攻殻機動隊のEDもやってるのに気がついて、
「あ、あれMiliだったんだ」と改めて聴きなおしているところ。






ということで、「sustain++:」と
合わせて交互にヘビーに繰り返し聴いていた1週間でした。



PR
Posted by バウンドヘッド - 2020.06.25,Thu
YouTubeに2本動画をアップしました。








最初は無料の素材を探して、張り付けただけで編集完了だったんですが、編集作業の回数が増すごとに「できること」がすこしずつ増えていき、今では出だしで「総天然色画像」を掲げることができるまでになりました。いずれはアニメ化できればいいなと思っています。

素材の大部分はPIXABAYという米国のサイトから取ってきてますが、あんずちゃんはILLUSTBOXで見つけたものです。もと漫画家という方の描いたものですが、彼女は画像だけ残してILLUSTBOXを退会されているようなので、それがちと残念です。





Posted by バウンドヘッド - 2020.06.14,Sun
自宅で使っているPCモニターのひとつがLGの32インチなんですが、格安品だったので、接続端子がHDMIx1、RGBx1の簡素な製品。入力ソースを切り替えるときは、いちいちモニターのボタンを手動操作しなければなりませんでした。

アナログ端子ではhuluは見ることができないので、二つのパソコンともにHDMIで利用したいと思い、なにかいい機械がないかなとAliexpressで探索していたら、以下の製品を見つけました。購入時の価格が送料込み399円でした。




Larryjoe Promotion Hot Top Quality 3 Port 1080P Video HDMI
Switch Switcher Splitter IR Remote For HDTV PS3 DVD

初めて使用したときは、よかったのですが、途中から画面に多数の横線ノイズが入るようになりました。
「ああ、やっぱ安物買いの銭失いだったかなあ」とがっかりしたんですが、どうやらマイクロソフトの更新の関係で一時期ノイズが出まくっていたようで、その後、ある更新のあとではノイズが入らないようになりました。

理屈は分からないですが、まずはよかったです。




写真、ブルーのライトが点灯してますが、最初の設置時、ライトがつかず、動作しなかったので、なんじゃこりゃあ、と思っていたのですが、原因は端子をしっかりと押し込んでいないことでした。はまり方が誤解しやすい感触だったので、最初それでいいと思っていたのでした。


写真右下の部品がリモコン信号を受けます。本体には5V用のアダプター接続部もありますが、そういうものは使わなくても動作します。


Posted by バウンドヘッド - 2020.06.11,Thu

YouTubeに「伝染病とカルマ3」をアップしました。





死と病気は、悪いもの、というのが、人類の「日常感覚」であろうと思います。

しかし人類に死や痛みや病気をもたらしたのは、いわゆる死神とか悪魔ではなく、
善なる神々の側なのだ、というのが、シュタイナーの言っていることです。

ルシファーやアーリマンが人類にもたらす錯誤体験のリカバリーシステムとして
それらは「地上の生活」に持ち込まれたものなのだという理屈を、現代人たちが、
たとえ唯物論者でない人でも、簡単に受け入れられるかといえば、
なかなかハードルが高いかもしれません。





Posted by バウンドヘッド - 2020.06.08,Mon
人にはそれぞれ好物がありますよね。

私の場合、カレー。ただしレトルトカレーは不味いので、あまり食べません。

じゃ外食で食べてるのかというと、いいえ、自分で作ってます。

外食定期になってる好物はラーメンとチャンポンくらいです。



カレー好きだとはいえ、辛いのはダメです。写真のルーはトップバリューのものですけど、
テレビなどで宣伝している昭和時代からの有名どころのルーよりもずっと好みです。

最近、じゃがいもいれるのやめました。そのほうがさらにおいしい。

なので具は玉ねぎと人参。肉はほぼ豚肉。時々牛肉です。

カツカレーにするとますますおいしいですが、ほんとにサクサク感のある
トンカツ作れないんで残念です。時々、総菜物を買ってきてカツカレーです。

まあ油で揚げる料理って、あとがめんどくさいですしねえ。


Posted by バウンドヘッド - 2020.06.05,Fri
YouTubeに「伝染病とカルマ2」をアップしました。といっても月曜日なので、このブログでは紹介がおくれました。



タイムリーなことに、馬淵睦夫氏が「恐怖による支配」について言及しております。




伝染していく感冒に沿って、恐怖が伝染していきます。そして、ますます人類はシュタイナーが予言した神経症という新手の「伝染病」に感染していくのでしょうか。

今回、日本人が西洋人のような「り患の仕方」をしなかったのは、シュタイナー式の言い方をすれば、「現世の日本人の民度」のせいではなく、今世、日本に転生した人々の「前世のマインドのあり方」の結果です。「調整を受ける必要のないカルマ」を持った人々が数多く日本人に転生した結果でしょう。

「今世の日本人のマインド傾向の結果」は、まだ現れておりません。昭和の日本人と比べて、かなり神経質の度をましつつある現代日本人たちは、来世でたくさん「調整を受ける」ことになるのではないかと心配しております。


Posted by バウンドヘッド - 2020.05.21,Thu
Amazon prime musicで毎日音楽聴いてます。

アルバム画像とともに、私の知らなかったシンガーやミュージシャンたちがプッシュされるので、時々気まぐれにポチリます。

すると「いーじゃん」と思えるアルバムに時々出会えます。

そういう「いいじゃん体験」で今お気に入りになっているのが、セシル・マクロリン・サルヴァントとブロッサム・ディアリー。

下の写真はセシル



この人は現役のジャズボーカリストですけど、歌い方や声の質がなんかなつかしい。バックの落ち着いたアレンジもいいです。ただAmazon primeで音を鳴らすと、各曲の音量差に問題があり、後半の曲になるとボリュームが上がるので、この点が少し不満です。

次の写真がブロッサム・ディアリー



もう一人がブロッサム・ディアリー。この人大昔の白人ジャズボーカリストです。若いころはジャズボーカルとか熱心に聴かなかったこともあって、ジャズファンの方なら知ってて当たり前なのかもしれませんが、2020年になって、やっと出会うとは不思議なもんですねえ。

この人、声に特徴があるんですが、その声質がなんでこれほどジャズボーカルにマッチするのか、これも不思議な音楽体験でしたねえ。


Posted by バウンドヘッド - 2020.05.19,Tue
新しい動画をアップしました。

感冒が人になぜ次々に移っていくのか、そのメカニズムを説明しています。



とはいえ、現在の医学常識からいえば、やはりトンデモ系の説明にしか思えないと思います。

しかし、科学的思考を誇っている近代人(学者たち)が、因果の説明を、逆向きにしている例が多くあることをシュタイナーがいろんな著書のなかで例示しておりますね。

今回もそういう因果の時系列解釈を人々が間違って受け入れている例のひとつです。


Posted by バウンドヘッド - 2020.05.12,Tue
ひさびさYouTubeに動画をアップしました。




アナフィラキシーっていう日本語の発音、みなどう発音しているんだろう。

英語を調べてみたら、

anaphylaxis

で、アナ・フィラキシスって発音している。
フィのところにアクセントがある。

だから

アナフィラ・キシーでもアナフィ・ラキシーでもなくて、
アナ・フィラキシーと発音すればいいんだね。

でもなんで日本語化するときアナ・フィラキシスと
そのままカタカナ化しなかったんだろうね。

コロナ問題で世界が右往左往する前に、ニンジャ・ツールズが大クラッシュして、すぐにコロナの蔓延。ずーっとやる気ナッシング。

でもやっと1本上げられました。

伝染病に関しては、シュタイナーの発言もいろいろとありますけど、カルマ論との兼ね合いもあって、病気と治療の問題は、「唯物論的疾病観」全盛の現代では、反発を受けかねない部分があるんで、正直、動画作ってアップすべきか迷いますよ。

The good is evil, and the evil is good.

まさにこんな価値転倒が存在する領域ですからねえ。

「苦労すること」には善なる側面もある、という伝統的考え方は、もちろん、世界中に残っていますけど、「快適な世界」「快適に進む人生」こそ善だとみなす価値観は、マトリックスのサイファーが望んだような世界かもしれないとは、なかなか思えないですよね。社会を快適化したいという思想といえば社会主義ですけれど、この人たちには「敬神の思想」が欠落してます(エドガー・ケイシー)からねえ。








Posted by バウンドヘッド - 2020.05.06,Wed
大昔にOASYS V8というワープロソフトを買って使っていた。当時使っていたPCはWindows meだった。発売は2000年10月だったが、実際に私がV8を購入したのは、たぶん2001年頃で、対象OSは windows95,98,2000,meだった。しかし富士通が修正パッチを提供したので、windows xpでも使うことができた。




しかしその後新たなOSがマイクロソフトから出ると、以降このV8は使えなくなってしまった。

私がV8にこだわってwindows10の時代にもxpとのダブルブートで使い続けてきたのは、線の引き方が独特だったからだ。

残念なことにWindows10で使用可能だとは言え、64bit版では使えない。この「20年前のソフト」は32bit版のWindows10ならば受け入れてくれる。

そのことに気が付かず、ずっと32bit版のxpと10proでのダブルブート式で使っていたが、32bit版のWindoes10で使用できると気がついてからは、Windows10 pro 32bit版だけを再インストールして使っている。




上の写真は私が仕事で使っている32bit版のWindows10 proのPCから取ったものだ。もしOASYS V8をいまだに所有していて、「Windows10で使えたらなあ」と64bit版で試して、使えないことが分かって、あきらめていたオアシス愛好家がいるなら、「32bit版なら使えるんだよ」と教えてあげたい。xpに入れてスタンドアローンで使っている人もいるかもしれない。けれど同時にネットサーフィンはできないので、32bit版 Windows10に入れて再利用することはメリットが大きいと思う。

ニッチな需要しかない情報だとは思うけれど、Windows10 32bit版を使っていて、なおかつOASYS V8を「死蔵している人」はぜひ導入してみることをお勧めしたい。


カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[01/11 バウンドヘッド]
[01/11 王島将春]
[12/19 ASD]
[04/01 バウンドヘッド]
[04/01 トロロ]
プロフィール
HN:
バウンドヘッド
性別:
男性
自己紹介:
e-mail lexxforward@yahoo.co.jp
バーコード
カウンター
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]