忍者ブログ
[1] [2] [3
Posted by バウンドヘッド - 2016.07.09,Sat
掛け軸が経年劣化してしまうのは、避けられない。それはそうなのだが、私の場合、所有しているのが500円から3000円の中古品ばかりなので、なかにはひどいシミつきのものも当然ながらある。

最近ヤフオクで500円で手にれた掛け軸がそうだった。
そこで「どうせ500円で買ったシロモノだし、いっちょ実験してみよー」ということで、「カビの根の奥に強力浸透 カビキラー 5分で根に効く」というラベルが貼ってある薬品を使ってみた。



掛け軸の裏側である。容器に移したカビキラー液に綿棒を浸し、ポンポンと液を置く感じで塗ってみた。



しばらく放置して乾くのを待つ。するとどうなっていたかというと、

 

こんな感じになっていた。広がった液の範囲が白い跡になっている。

布が貼ってある表側にもシミがあったので同じ要領で作業してみたが、500円で買ったのだから、まあ、許容範囲だよな的な仕上がりになった。今回は表も白っぽい明るい色をした生地だったので、カビキラーの液の広がりが遠目には目立たずに済んだのもよかった(でも絹には漂白剤は禁物だよね。紙部にはまあ有効かもってところだね)。

廉価で買ったシミ付き掛け軸(失敗しても残念度が低いよね)の「限定的補修」には多少使えるのではないかと感じた。

くれぐれも高価な掛け軸で実験しないようにお願いする。ほんとに私がやったように「シミの脱色が可能かどうか」興味のある方は実験用に廉価な掛け軸を買ってご自分でも実験してみるといいと思う。


PR
Posted by バウンドヘッド - 2015.05.25,Mon
以前紹介したワイヤレスサイコンAZ-200SCWが電波を飛ばさなくなってしまったので(なのでしばらくはデジタル時計としてのみ利用していた)、改めてアマゾンでサイコンを購入した。今度は有線式にした。

同じくSunDing製で、型番はSD-558Aという製品。

AZ-200SCWは、基本速度計と時計の2種類しか同時に見ることができなかったけど、デジタル表示が大きくてよく見えた。一方、SD-558Aは4種類プラスαの表示画面で、一度に確認できる情報量が増えたのがすばらしいところなんだけど、、時計の表示が小さくなって視認性が下がったのがちょいとだけ不満なのだった。ストップウォッチ機能は使いやすいね。中央のMODEボタンを押すとさらに別の情報を表示するし、夜間にボタンを短押しすれば青いバックライトも短時間(5秒間)だが点灯する。短押しではなく長押し(5秒間)すれば、常時点灯モードになる(電池の消耗が心配なので普段はあまり使いたくないけどね)。これを消す場合はもう一度5秒間押し続ければいい。



説明書(英語)には自転車のハンドルにサイコンを取り付ける方法について、4通りの方法が載っていた。私の自転車のハンドルは中央部が湾曲しているので、AZ-200SCWの時のような、結束バンドでハンドルに直付け式ではうまくいかなかったので、同梱されていた補助器具を使う方法を用いた(ただしハンドルに巻物をして若干大きめになっている補助器具の直径と合わせなくてはならないので注意。これは同梱されていないので自前で用意しておこう)。

写真で見る通り、横幅が広い。アマゾンのレビューを見ると、「日本語の説明書がないじゃないか。ぷんぷん」という苦情系レビューばかりで、確かに英語に普段接する機会のない人には酷な商品だ。

日本語の情報があるかと、ざっとネット検索してみたけれど、装置の取り付け方と調整方法について解説してる人はまだ見当たらないようなので、日本語説明書付きだと思って買ってしまった人にはまだまだ受難が続きそうだね。

このサイコン、YouTubeで調べてみると、結構動画があがっているよ。とくにロシア人がいろいろアップロードしてる。

なんだったら、あとで大まかな操作方法について、このページでトリセツ記事を追加してもいいんだけどさ(っていうか、希望者がいるなら訳した文書を差し上げあげますよ)。

AliExpressには売ってないだろうかと調べたら、ありました。120円換算で840円。アマゾンで買うよりずっと安いじゃん。





Posted by バウンドヘッド - 2014.12.19,Fri
自宅に帰る時間が深夜の1時だったり2時だったりすることも多くて、そういう時間帯だとほぼアスファルト道路は「独り占め」状態になったりする。そういうときは、道路の真ん中を走って帰っている。

一時期アマゾンで自転車関連の小物類をあさっていたとき、バルブライトとかタイヤライトとかサイクルライトとかの名前で出ている一連の商品群を見つけて、「あ、これおもしろいかも」と思いながら、少々高いよなと感じて手をださないできた商品があった。

最近、いきつけの100円ショップで「自転車用バルブキャップ」という商品を発見して、「うおっ、なんだ108円で買えるじゃん」ということで早速2セット買って付けてみることにした。



店にはブルーとグリーンが1本ずつ入っているもの(電池入り)しか売っていなかったので、それぞれのパッケージからブルーを取り出して、自転車の前後に取り付けてみた。



写真のように取り付けるのだった。自転車の回転による遠心力を利用してライトが点灯する仕掛けになっているらしい。一応写真にもとってみたが、携帯のカメラだとこんな感じにしか撮れなかった。



しっかりと速度を出して走れば、本来は光の輪っかになったように人の目には見える。とはいえ、時速10km以下だとほとんど点灯しない。自分が使った感触だと、時速12~15kmくらいで光り始める。時速20kmを超えると光輪がしっかりと見える感じだね。

この商品は防水ではないので、雨の日は使いづらいね。

夜自転車に乗る機会のない人には無用の品だけど、通勤に自転車を利用している人には位置アピールにもなって安全確保にもよいのではないかと思う。

最近はクリスマス前ということもあって、こんな田舎町でもどこもかしこもLED電球ばかり点いている。それをみると「なんか品がないよなあ」と感じていた私だったが、これからは私も下品な明かりを身にまとって深夜の車が走っていないアスファルト道路の真ん中を2つのブルーライトの輪っかを転がしながら、帰るのさ。

アナタもどうですか、これ。



Posted by バウンドヘッド - 2014.03.31,Mon
ということで、仕事用にスタンドアローンで活用するXPの入ったHPのdc7100CMTはそのまま残し、その他の古いPentium系のCPUの入ったパソコンを「ネット空間で延命」させるために、さまざまな実験をやってみた。

IBMのThinkPad R40eにvista basicを導入できたことはすでに報告した。
けれどこれはディスプレイアダプタがXP用からvista用になったわけではなく(そもそもディスプレイアダプタのドライバがない)、いわゆる「標準のディスプレイアダプタ」という能力の低い汎用アダプタでないと表示ができないしろものなのだった。(ただし全画面表示[画質超荒くなる]でなければ見れるし、VLC media playerなどを使えば、DVDだってそれなりに見ることはできる)。

そもそもネット動画を「全画面表示」で見ることを目的にしなければ、vista対応のソフトを入れれば2017年までネット接続を維持しながら「さまざまな用途」に使えるわけだ。

これはいいじゃん、ということで、今度は富士通のFMV-7000NA5にvista basicを導入してみたらどうだろかという実験をしてみた。

しかし残念なことにFMV-7000NA5には使えないということが分かっただけだった。オーディオ用のドライバがどうしても見つからなかったのである。R40eのときはすべてネット検索して探すという自動モードですんなりいったので、FMV-7000NA5もそうなんだろうと思っていたら、とんだ見込み違いだった。

そこで「XP サポート終了」とかで検索しているときにみつけた「Zorin OS Lite Remix」のサイト「サポート終了のWindowsXPパソコンを有効活用する方法」を思い出し、「じゃあこのLinux-ubuntu系のOSを入れれば、ネット上で延命できるなら、ハードディスクをまるまる入れかえちゃおう」と考え(Web筆者オススメのUSB起動方式は選択せず、OS入れ替え方式)、実践してみた。

すると今度はオーディオドライバの問題も起こらず、あっけなくOSの導入作業が完了した。



写真はZorin OS Lite Remixを導入したFMV-7000NA5。お気づきの方もいると思うが、壁紙(もらい物)はwindows8に入っているものを転用してみた(なかなかお気に入りの壁紙で自宅の「古いPC」にも使っている)。

おまけにMidoriというブラウザを使えばGyaOだって視聴できるじゃないか。





XPがネット存在を許されなくなった肝心の問題、そうセキュリティ・サポート・サービスの有無の問題だが、Zorinはちゃんとネット上でその手のセキュリティ・サポート・サービスを継続的に受けられるのだよ。

Zorinにはwardやexcelに似たフリーソフトも入っているし、「低スペックのノートパソコンをネット上で延命させる」にはかなりいいんではないかと思う(っていうか超オススメのフリーOS)。

この系列のOSは日々改良が加えられて、そのたびごとにサポート付きで無料配布されて変化成長発展しているようなので、これからは「観察対象」にしていこうと思っている。

私同様に富士通のFMVの古いlifebookシリーズをお持ちの方はvistaとかのmicrosoft系OSの導入はあきらめてZorin OS Lite Remixとかを入れて「ネット延命(っていうかreborn?)」を図ってみてはいかがだろうか。

p.s. ということでZorin PCでhuluの視聴もしてみた。ちゃんと見られるね。hulu側が送り出す画質をこちら側で選択して、低・中・高のうち低にして全画面表示で見たんだけど、これなら及第点かな。ちなみに今ずっと見ているのは「ブレイキング・バッド」。ウォルター・ホワイトいわく「私は犯罪者にはなりたくない」って、「いやアンタすでに人殺しだし麻薬製造して商売しているし、ただの悪党じゃん(えっ、自覚ないの?)」と突っ込みを入れまくってます。この主人公のパーソナリティが実に興味深くて、そしてこういう「自己像」を持って生きている現代人(私も含めてね)って実はたくさんいて、すでに十分「罪人」なのに、「自分はよい人間だと思って生きている人々がたくさんいる」んだろうなあとふと思うのです。

Posted by バウンドヘッド - 2014.03.13,Thu
長年愛用してきたHP社のPCのD530SFFがスペック的にアップグレードが無理ということなので、ネットで安売りしていた富士通製のFMV ESPRIMO D5250のwindows7 professionalバージョン買いました。

でもCPUはcore2duoではなくてceleron 420-1.6GHzで、値段の安さと「これによりパソコンが快適動作」という売り文句につられて買ってしまいました。

届いたPCはそこそこきれいで、仕事場用に買ったので、まあ、よかったのですが、これも最近買い直した4:3画面の中古(NEC)の20インチの液晶画面は1600×1200が標準解像度で、この解像度のまま、YouTubeの「ビバナミダ」(今は動画だけで音声が止められているみたいです)とかhuluの「ホッタラケの島」とかGYAOの「バクマン」とかを視聴したところ、動画が止まったり、音声がずれたりして、「ああ、こりゃあストレスたまるな」と感じてしまいました。

なので、解像度を1280×1024にすると、ストレスなく見ることができるので、以前は15インチ画面(1024×768以下しか知らなかった)しか使ったことがなかった私は、「うわ、こんなことがあるんだ」と初めて気づかされました。(まあ「経験値」が増えるのはいいことですがね。)

実を言うと、HPのD530はこれも中古で買いましたが、初め入っていたCPUはceleron製でした。これをPentium4の3.0GHzとか3.2GHzのCPUに交換して使っていました。

そういう経験があったので、ネットでD5250のスペックを調べて、core2duo E4500も使えることを知り、じゃあこの際、交換しちゃおうということで、ヤフオクで検索したら、安くで買えたので(送料込みで640円。CPUのシリコングリスもあわせて注文)、「きっと交換できる」と信じて、交換作業を行いました。




写真はcore2duoと差し替えたところです。D530のときのようにbiosアップデートもマイクロコードアップデートもしませんでしたが、そのままPCがちゃんと立ち上がり、現在このまま使用しています。

1Gだったメモリを2Gに増やし、CPUを交換したら、以前より格段にスムーズになりましたが、やはり解像度を下げないと少々カクつき、音声がちょっとだけ遅れてついてきて、ストレスなく見ることはできませんでした。xp機にグラフィックボードを取り付けて試してみたんですが、やっぱりカクつきました。それにこのD5250という機種にはPCI Express×16はそもそも装備されていないですしね(特注品だといろいろ装備ができるようです)。とはいえ、これはストリーム系動画を1600×1200モードで視聴すると、画像がつっかえるというだけであって、FLVのデータをダウンロードして、再生すると、1600×1200モードでもちゃんと見れるんですよ。不思議な話です。一応回線は光ネットなんですがね。

仕事で使うPCのOSが更新されたのはいいんですが、windows7ではいままで利用していたワープロのOASYS V8が使えないんですよ(V10ならvistaまで対応なので、もしかしたら、windows7でも動くかも)。音楽ソフトのcakewalk pyro2004も使えない。これはものすごく残念ですよ。なので、ネットアクセス用にwindows7機を使い、いままで使ってきた旧型PCも処分せずにスタンドアローン式で併用しようと思ってます。

ちなみにCPUの温度が分かるフリーソフトがあるということなので、Real TempとOpen Hardware Monitorの2種類をパソコンに入れて使用してみたら、表示温度が5度も違うじゃないですか。どっちが正確なんでしょう。



しかも奇妙なことにCPU1とCPU2の温度差が5度あって、これはグリスの塗り直しとかいろいろやってみたんですが、結局変わりませんでした。

ということで、私がwindows8.1に手を出すのはまだ先になりそうですよ。

p.s.1 でもwindows7を購入して、あとで「あれ?」っと思いました。「そういうえば、vistaはサポートが2017年まであるじゃん」。別にAeroなんていらないし(XPユーザーにはもともと「体験」がないので、なくても違和感ない)、要するにXPだといずれGYAOでアニメが見られなくなるから、いままでPCをネット動画視聴中心に使ってきた者たちは、「買い換えてください」とそういうことだろう。

ということで「別にAeroいらない派-だってGYAO視聴には直接関係ないし派-」でXPを問題なく使ってきた私のような人間は、いまだに元気に動いている旧型のCPUを搭載したPCをこのまま「ネット接続環境」から撤退させるのは忍びない(てか、まだ使えるのにもったいない)ので、IBMのThinkPad R40eにvistaシリーズの最低ランク製品とみなされているvista home basic(もともとAero機能が付いていない)を導入して「ネット上で生き延びさせる」ことにしました。



導入後ディバイス・マネージャを開いて確認してみると、2つドライバーのあたっていない黄色いはてな表示マークが出ていたので、そのままネットで探すモードを展開させたところ、自動的にネット上からドライバーを探してきてすべてが完了しました(なんだ、全然いけるじゃん。ダメモトで始めてみたことなのにさ)。

ということで、特に愛したソフトがvistaでは使えなくとも、「そもそもそのソフトはこのPCでは必要がない。ただオレは今後もこのPCでGYAOを見たいんだ」という人にはwindows vista home basicの導入をお勧めしますよ(でもグラボの追加ができない非力なノートパソコンではやっぱダメみたいです)。

グラフィックボードを入れれば、windows7もOKな機種も多々あるようなので、「経験知」を得、「経験値」を上げるために、いずれHP D530SFFのwindows7化実験に取り組んでみたいとは思ってます。

p.s.2 vista版のThinkPad e40のvista化において、その後判明した残念な結果を報告しておこう。「てか、結局GYAO見れないじゃん」でありました。いわゆる「つっかえ現象」が起き、解像度を下げても解決しませんでした。ウェブページ閲覧には支障はないけれど、やはり、「vistaを操るには非力なパソコンであった」ことが判明してしまった。

Posted by バウンドヘッド - 2013.06.22,Sat
梅雨の季節はどうしても合羽を着て通勤することが多くなる。

以前使っていた合羽はフードの先端に透明のビニールが張ってあるタイプのものだったが、実際には雨が顔面に吹きつけ、眼鏡もびしょびしょ、なんの役にも立っていなかった。

最近ディスカウントショップとか100均の店で「顔面サンバイザー」が売られるようになった。初めてこれを見たとき、「これだ!」と思い、合羽と併用して使用するようになった。


わっかの部分を開いてオデコにあてて装着する。もはや顔面は濡れたりしないし、非常に顔周りは快適である。一滴も濡れないのだった。

ネット上の記事を読むと、「サンバイザー」としては、若いオシャレオンナどもに悪評のようである(「顔面サンバイザー」で検索のこと)。だが「おばちゃんたち」はそんな悪評には動じないであろう。この商品はスポーツ観戦などにも威力を発揮するすぐれものだと思う。若いオシャレオンナも日差しの強い時期のスポーツ観戦には便利だと思うよ。

しかし私はこれを「サンバイザー」、つまり「日差しよけ」のために使用しているわけではないので、満足度は80%くらいである。私にとってこれは純粋に雨具なのだった。だからこれとまったく同じデザインでツバの部分が透明の商品が欲しいのである。ダイソーあたりが、雨具用品として商品化してくれると非常にありがたいのだが。



雨の夜だと夜道をサングラスをして帰るようなものなので、危険である。「透明雨よけバイザー」はダイソーの売れ筋商品になると思うのだが。

顔面サンバイザーと併用するためには、合羽は写真のようにフードに透明ツバがなくて、ひもが通してあって、あごの位置でひもを結べるタイプのものを選ぶべきである。パーカーなどではおなじみのやつだ。ちなみに写真のカッパは980円の品。前に使っていたのがフードに透明ツバがついているタイプ(2500円)だったが、980円の品の方が生地は薄いが便利である。フード部分は切り離しタイプではなく、襟元に巻き込んで収納できるタイプでもある。

自転車通学する中学生、高校生は学校指定の透明ツバつきのカッパを着せられているようだけど、顔を水濡れから完全に守るためには学校指定のカッパではだめだと思うね。

ただ「冬場利用できるか」というとどうだろう、息でバイザーが曇ってしまう可能性が大なので、冬場の雨対策はまた状況をみて考えてみたい。

p.s. ネットで調べて見たら、透明仕様の顔面バイザーはすでに販売されていた。でもたけーよ。私が使っている顔面バイザーは98円の品。私は盆ビーなので、透明バージョンが100円前後で出るまで待っていようと思う。たのみますよ、ダイソーさんとかセリアさん。

p.s.2 でも待ちきれなかったので、結局透明バイザー買いました。アマゾンで。
Posted by バウンドヘッド - 2013.05.15,Wed
昔GYAOで「アカギ」とか「咲」とかを見た影響で(もちろん「「咲 阿知賀編」も見たよ、GYAOじゃないけどさ)、麻雀に初めて興味を持った。と言っても、アニメを見ていた当時は、麻雀についてはまったく知識がなかったのだった。それでもアニメを面白く見ることができた。だが、ポン、は? チー、なんのこと? こんなレベルでアニメを見ること自体が間違いだったと後から気がついたのだった。麻雀のルールを詳しく知っていれば、アニメはもっと面白く見れたはずなのだ。

学生時代は自分の暮らしていた学生アパートでも夜二階からじゃらじゃらと麻雀の牌をまぜる音がしていたもんだが、最初誘われもしたのだが、自分はついに最後まで加わらなかった。基本、夜中は楽器ばかりいじっていたからだった。麻雀で時間を無駄にしたくないと思っていた。夜眠ろうとするとじゃらじゃら音がする。「うるせーなー」としゃくにさわる。まあ、これが自分にとっての麻雀への印象だった。

だが、昔、100円ショップで「エクセレント麻雀」というソフトが105円で出ていたとき、「えー105円の麻雀ソフトだって、どんなもんだろう、いつかやってみよう」と思い衝動買いもしたのだった。パッケージは音楽CDの紙ジャケ物のように紙製だった。だが結局そうして買っただけで何年もの間ほおっていたのだった。最近そのダイソーのゲームをようやくやるようになったのは、もちろん麻雀アニメを見たせいだ(ニコ動にこのソフトの動画が上がっていたよ)。



ルール本も一冊買って読み、パソコンで一通り打てるようになった。とはいえ、点数計算は面倒でいまだにマスターできていない。ゲームソフトは勝手に計算してくれるので、つい自分で考えなくちゃと思えないのだった。それに雀荘通いまでして「生のゲーム体験」をやってみたいとまでは思わないので、「知識を持つ必要性」がない。でも、ちゃんとマスターはしたいとは思っている。

そんなこんなの今日この頃だったわけだが、暖かくなってきたことだし、ひさしぶりにまた釣りでも(喫水域でのぶっこみ釣り専門、ま、暇つぶしですよ。ルアーも時々)始めようかと、100円ショップにつり針とかを見に行ったら、たまたまおもちゃコーナーにかわいらしい麻雀セットが525円で売っているのを発見したではないか。

見ていてあまりにも可愛らしかったので、つい衝動買いをしてしまったのだった。大きさは写真で確認してもらいたい。



だが買ってきて困ったのは、このおもちゃはプラモデルのように「自分で完成品にしなければならない」ということだった。ニッパーで牌を一個ずつ切り取り、裏ぶたのキャップにはめ込む。これを延々としなければならないということに中身を出してから気づかされたのだった。



おまけにニッパーで切り取っただけでは、切りくずが上下にひっついているので、今度はまたヤスリで延々とこすり取る作業をしなければならなかった。そうしないとまともに立ってくれないし、ケースにもきれいに入らない。

つまり、この麻雀セットは「買ってすぐには使えない」というとんでもない代物だったのだ。けれど、せっかく買ったのだからと延々とヤスリかけも行ったのだった。そしてケースに入れて整理したのが以下の写真。



牌を収容するプラケースの横幅に計算ミスがあるのか牌はぎちぎちに詰まり、上から押さえつけてやっと何とかなる感じだ。写真でも盛り上がってる感じが分かるだろう。牌は二段積み収納である。ほかにサイコロ二個と紙でできた点棒がセットとしてついている。

まあ中高生が修学旅行の際に旅先に持っていって四人で遊ぶならいいかもしれないが、でも、いまどきの子供はこんなもの持って行かないんだろうな。ゲームやるならスマホで足りるもんな。

ということで、「オレはいったい何のためにこんなおもちゃを買い、しかも延々とヤスリかけなんぞをして時間を無駄にしたんだろう」と思っているわけだった。

もしアナタがたまたま100円ショップでこのマージャンセットを見かけ、買う気になることがあるかもしれないので、「買った後でやることがある100円ショップ商品」であるということをお伝えしておきたい。それでも買って遊びたいというのなら、ニッパーとプラスチック用ヤスリを別途持っておく必要がある。とはいえ、私の場合、爪切りについているヤスリで適当に削っちゃったのだが。

フリーソフトなのに105円の「エクセレント麻雀」よりも機能やCG画像がすばらしい「3D麻雀 龍匠」もよくやっているのだった。



これお勧めのフリーソフトですよ。

p.s. 「とある科学の超電磁砲S」を見てたら、佐天さんがパソコンでマージャンしているシーンがちらっと出てきたじゃないか。

Posted by バウンドヘッド - 2012.11.12,Mon
以前HPのデスクトップPCをヤフオクで落札したことがあった。d530SFFという製品だ。「1円即決、送料3000円」などというけしからん売り方----送料は多くても1500円くらいのはずだろ実際は----だったけれど、それ以外にそのくらいの値段で買える商品がほかに出ていなかったし、「直前まで動いていた」などという宣伝文句を信用して購入したのだが、実際に届いた製品は、何度もエラーでインストールがストップするし(ブルースクリーンでまくり)、最後までなんとかインストールできたあとでも、画面が写真のごとくに「崩壊状態」になって動かなくなる。

TS3N0016.JPG

















「ジャンク扱いで」という宣伝文が一番正しい情報だった。たとい起動できたとしても、いつ写真のような状態になるか分からない、まったく使い物にならないPCだった。

「あー、買い物失敗したなー」とがっくりくるしかない(まあ、ヤフオクの買い物ではほかにもたくさん失敗してますがね。ある種、賭け事みたいなところがありますよ、中古品の購入ってやつは。)

だが、あるとき、たまたま何かのタイミングで、PCのマザーボードのコンデンサーが膨らんだ状態だったら、交換すべし、というような内容を載せた記事に行き当たった。(マザーボード上の膨張した電解コンデンサを交換する )


実は以前、画面が崩壊する原因が分からないまま、マザーボード上をつらつら眺めたことがあった。そのとき初めてコンデンサーの中に、あきらかにアタマの部分が盛り上がっているコンデンサーが3個あることに気がつき、「あ、このアタマの盛り上がりを押してへこましたらいいんじゃね」とかまるで根拠ないことを思って、実際にへこまし、再度インストールを試みたが、結果は以前と変わらなかった。(写真では赤い四角線で囲んでいる3つのコンデンサー)。

そういう馬鹿げた振る舞いをしたあと、しばらくたって見つけた記事だったので、「あ、これだ、これだ、確かに、コンデンサーが膨らんでたよな」と思い、メーカー違いだがヤフオクで同じ型のコンデンサーを3個注文して(60円×2と90円×1)これと交換してみることにした。

d530motherboard.JPG


















だが、実際にコンデンサーが届いて作業を始めると、もとのコンデンサーを取り外すのが大変だった。なにより問題なのはハンダ付けをしなければならないことだった。

昔エレキギターのボリュームが壊れたので(フェンダー・ジャパン製のストラトキャスターね)、楽器店で部品を取り寄せてもらい、ハンダゴテセットも購入して自分で修理したことが一度だけあったが、それはもう遠い遠い昔の話。でもそのときに買ったハンダゴテセットは今でももっていたので、それを使うことにした。

だが今回の交換作業の場合、前回のハンダ付け作業に比べ、作業領域が異常に小さくてどこか別の箇所を焼いたりしないかとビクビクものだった。だがなんとかクリア。とはいえ、その仕上がりのぶざまなことといったら(写真なくてすみません、てか見せたくない)。

「さあ、これでまともに動くようになるんだろーか」と賭け事やってるような気分で思いつつ、再度インストール作業から始めたら、なんと今度は最初からまったくなんのストレスもなしに見事にセットアップが完了した。わ、こんだけで「復活」とか、スゲーと感激した。

というわけで、「騙されて3000円ドブに捨てちまったよ、オイ」とそのことを思い出しては悔しがっていた日々が、新たにほんの少し新品のコンデンサーの代金を支払うだけで雲散霧消した。

みなさんの中にも、私と同じような現象に悩まされている人がいるなら、それはもしかして「コンデンサーのイタズラ」かもしれなので、コンデンサーの膨張が見つかったら、交換してみるといいと思う。コンデンサーの部品自体はほんとに安いので、あとは「アナタの器用さ」(意外と大事なポイント)でこのコンデンサー障害を乗り越えられれば、死んだようにみえた機械が復活する可能性がありますよ。

健闘を祈ります。
Posted by バウンドヘッド - 2012.09.13,Thu
相変わらずXPユーザー(しかも中古品マニア)のバウンドヘッドです。

デスクトップはおもにHP製のものを使ってきました。PCに載っているCPUはもちろん旧型の(Pentium4シリーズ)のものです。

ヤフオクなどではPentium4の3.0GHzで安いものだったら500円くらいから手に入れられるので、今回580円でPentium4の3.2GHzのCPUを手に入れて、もとのCPU(Celeron2.2GHz)と交換して使ってるところです。でも、CPUファンの活動時間も強烈に増加しました。Pentium4って発熱問題を持ってるらしいです。

もともとd530SFF(Pentium4 3.0GHz)は持ってたんですが、dc5000というd530とよく似た機種がヤフオクであまりにも安く出ていたんで(500円)、落札してこれに3.2GHzを載せ変えて使ってます。

でも4畳半の部屋にデスクトップ2台を並べる余裕はないので、モニターとマウス・キーボードを兼用できるような装置はないのかなと思って探したら、ありました。サンコーのKVM SWITCHってやつです。
                                                                                                          
KVM01.jpg
















USB CONSOLEと書いてあるUSB端子にUSB-PS2コンバータケーブルに接続したマウスとキーボードをつなぐと、写真の中央にあるスイッチを押すたんびにPCを切り替えることができます。

そういうわけで、もともと小さめのパソコン専用デスクを利用していましたが、コンパクトにまとめることができてよかったです。

KVM02.jpg
















XPの使用期限が切れたら、また安い中古を探します。で、pentium4も卒業。Coreシリーズに移行しようと思ってます。Windows7とかいじったことさえないし、Windows8さえ出ようというこのご時世に、ほんと「おっくれてるー」ですよね。

でもまあ不便を感じているわけでもないし、PCで3Dゲームをする趣味もないし、いいんじゃないですか、こんなふうにほどほどにやってれば。

というわけで、USB2.0 KVM SWITCHはお勧めですよ。

p.s. 1 上で紹介したUSB CONSOLEにつなぐUSB-PS2コンバータケーブルについて、ほかの会社の製品だと認識できないなどの不具合があることがわかった。実際に使ってみて分かったのだが、ルートアールの製品だと「故障したのか」と誤解するような状態になるので(USBを認識したりしなかったりする)、お勧めできない。だったら、はじめからUSB接続方式のマウスとキーボードをつなげばいい。今回は「見た目のすっきり感」にこだわってわざわざ小さなUSBハブを探しました。こだわりがないなら、何でもOKです。

TS3N0049.jpg
















写真はヤフオクで見つけた2ポートタイプのUSBハブ(amazon.co.jpでは売ってなかったぞ、貴重品だね)にUSBマウスとUSBキーボードをつないで使っているところです。「古くても使い慣れたマウスやキーボードがいい」というようなこだわりがないなら、USBでじかにつないでお使いください。


p.s.2  「amazon.co.jpでは売っていないUSBハブ」の正体が分かりました。なんと100円ショップ「セリア」で売っている105円の品物でした。オバカな私は地元にもセリアがあるのにヤフオクで送料込みで約3倍の値段で買っていたのでした。「情報弱者」はつけこまれるってことですねえ。ということで今日もう1個、地元のセリアで同じものを「105円」で買ってきました。

p.s.3  「えーと、写真を見るとUSBポートが3箇所ありますが、ここにキーボードとマウスをそれぞれ別々に接続することはできないんですか?」という質問がありそうなので、お答えします。「もちろんできます。」ということで直結派の方は三つの中からお好みのポートを二つ選んでお使いください。
Posted by バウンドヘッド - 2012.06.18,Mon
以前、ThinkPad R40eの出力端子から出るノイズが、特定の道具の組み合わせで消えてしまう、という話をした。

だが、そんな面倒なことをしなくても、ノイズが消える、あるいはほとんど聞こえなくなる道具があることが分かった。

それはAudio Comm HP-H323Nというヘッドホンである。

41h3fUPvACL__SL500_AA300_.jpg




















これは地元のディスカウントストアで980円ほどで手に入れたものだ。値段から安物の品だと判断する方々もおられるだろうが、これがPCノイズ除去に威力を発揮するとは思いもよらないことだった。

ヘッドホンあるいはイヤホンは値段によって音質にものすごいばらつきがあり、正直言って100円ショップで105円で売ってるタイプのものは音質のクリアさについてはまったく期待できない。

だが逆に高音質な製品はPCの出力端子のノイズをものすごくクリアに拾い上げてくれるので、PCにこのタイプのヘッドホンをつないで音楽や動画など鑑賞できるものではない。

手元にあるいくつかのヘッドホンやイヤホンをThinkPad R40eにつないで聴いてみたところ、高感度イヤホンだとシューシュー、ジリジリ、ボツボツと無再生状態でも雑音がビンビン聞こえる。

だが今回紹介したAudio Comm HP-H323Nをつないで聴いたら、ノイズがまったく聞こえなくなったではないか。

HP製のデスクトップ型のPCの出力ノイズもひどかったので、これにも効果があるかどうかつないで聴いたところ、こちらは無音とまではいかなかったが、ほぼノイズが消えた状態になった。

なのでこのヘッドホンは汎用的にPCの出力ノイズに効果があると判断できる。

音質改善には、USB式のサウンド・アダプターも効果があるが、このような道具を使わず「ジャック直結」で雑音消失なので、楽ちんである。

運悪く、PCの出力ノイズがうるさい機種を利用せざる得ない状況にある人には、このヘッドホン、ぜひお勧めしたい。

p.s. その後、いろいろ検証したところ、ジリジリ、シューシュー音が完全に消えるわけではない場合もあることが分かった。ノイズが以前よりも幾分小さく聞こえるようになる効果というべきか? 実を言うと今、ノイズのするPC(ThinkPad R40e)のPentium4 2.2GHzのCPUを、ノイズのしない同じ機種(Celeron 2.0GHz)と交換したらどうか、と突然思いついて実行してみた。すると、ノイズは聞こえてこない。CPUの性能を落としたくない場合、こういう「解決方法」もあるってことなのだった。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[04/01 バウンドヘッド]
[04/01 トロロ]
[08/07 バウンドヘッド]
[08/06 えな]
[06/19 たく]
プロフィール
HN:
バウンドヘッド
性別:
男性
自己紹介:
一応ロックファンですが、でも実は70年代のアコギものLPもよく家で聴いてます。邦楽だと日暮しの『ありふれた出来事』、洋楽だとアメリカの『名前のない馬』が、私のイチオシ・アルバムです。
e-mail lexxforward@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]