忍者ブログ
なんだか最近ちょっとだけやる気になってきました。せっかくいらっしゃったのですから↑のboundheadをクリックして最新記事も見て帰ってくださると幸いです。
Posted by バウンドヘッド - 2017.10.01,Sun
Wndows95が出て以来、音楽用の録音メディアがCD-R化していく前は、当然のことながら世の中、カセットテープがメインだった。私もカセットテープにはずいぶんお世話になった。

けれど、大部分を処分してしまい、手元に残っているのは20個ほど。大半はデモテープとかそんなのばかりで、かろうじてクロスオーバーイレブンを録音して編集したカセットが二つ残っていて、なぜか無性にこれらをカセットデッキで聴きたくなった。家にはラジカセがひとつあるので、それで聴けば済むことなのだが、「よしヤフオクで中古デッキを手に入れよう」と思い立ち、家で使っているパイオニアのアンプSA-7900とデザイン系列が似ているCT-415を見つけ、「ああ、これを上下に並べてレイアウトしたら、なかなか美的になるし、これデザインいいよなあ」と思い、1000円の値段のものを落札した。ヤフオクには同商品が多数出品されていた。届いた品物は、あわよくばそのまま動いてほしいと思っていたが、案の定稼働しないジャンク品だった。



早速中を開けてみると、駆動輪にかかっているはずのゴムが2つなくなっていた。黒い塊がべっとりと車輪にこびりついている。

このデッキの修理情報は出ていないだろうかとネットでチェックしたら、2つでていたので、その記事を参考にした。ただしこのカセットデッキ、いまだに発売年次が分からないままなのだった。

古いオーディオ達との戯れ記録

岩ちゃんのガラクタ倉庫

後日、ヤフオクで落札した平ベルト(内径63mm)と角ベルト(内径37mm)が届いたので、作業を開始した。

どろどろになってこびりついている古いゴムは、蓋を開けて、100円ショップで売っている落書き消しスプレーを綿棒に吹きかけて、上から何度ももごしごしとやりながら、きれいにしていった。

「岩ちゃん」の修理の仕方は、駆動部をまるごと取り出していたけど、自分は、記事を読んだだけでは、その取り出し方の細部がよく分からなかったので(強引にバラバラにしていくと、自分の技量ではもとに戻せなくなってしまう予感もして)、上蓋のネジを2つはずして、デッキの前面にある回転する軸を固定している黒いプレートのネジを3つはずし、フライホイールを軸から少しはずして、あとはピンセットでゴムをつまんで押し込み、ひっかけ、広げながら掛け、すべてをもとの状態に戻して終了した。

電源を入れ、カセットをセットしてプレイボタンを押すと、ちゃんと動いてくれ、ひさびさカセットデッキから流れる音楽を聴けたのだった。ヤッター。



これが居間にあるテレビとステレオセット。今回カセットデッキが入ったことで、チューナーの上に載っていたDVDプレイヤーを撤去した。これは昔はCD再生用に使っていたものだった。


上からターンテーブル(中古、駆動ベルト修理)チューナー(中古)カセットデッキ(中古、駆動ベルト修理)アンプ(中古)DVDプレイヤー&VHSデッキ(中古)。つかすべてヤフオクで手に入れた中古品じゃん。スピーカーは昔、地元のリサイクル店でセット品1500円で手に入れた品。テレビと外付けハードディスクだけが新品購入品。さすが、おれってボンビーマン。ちなみにPCもヤフオク中古品。テレビの下のテレビ台のなかにHPのdc7900sfが入ってるんですが、暗くて見えませんね。操作はワイヤレスのマウス&キーボードでやってます。

地元のレンタル店でDVDを借りて映画を見るなんてことをしなくなって久しいし、huluとかGyaoとかamazonプライムビデオとかで、もう十分だし、外付けハードディスクの容量がテラバイトレベルになっている今、音楽CDはmp3でリッピングじゃなく、WAV(無損失)でハードディスクに入れても全然容量気にしなくて済むようになったし、Windows10のGrooveミュージックという再生ソフトを使うと画面いっぱいにCD情報や再生情報を表示しながら(これCDプレイヤーではできなかったことだよねえ)、マウス操作だけで、即座にHDからアルバムを呼び出して音楽鑑賞もできるし、そういうわけで、ますますCDやDVDメディアを再生機にかけて見たり聴いたりするという行為を行わなくなってしまった(ただしLPはいまでも聴いてますよ)。なんという無精者になってしまったんだろうか。

しかし楽な行為に流されてしまうのが、悲しいかな、人間のサガというものですよねえ。

PR
Posted by バウンドヘッド - 2012.11.12,Mon
以前HPのデスクトップPCをヤフオクで落札したことがあった。d530SFFという製品だ。「1円即決、送料3000円」などというけしからん売り方----送料は多くても1500円くらいのはずだろ実際は----だったけれど、それ以外にそのくらいの値段で買える商品がほかに出ていなかったし、「直前まで動いていた」などという宣伝文句を信用して購入したのだが、実際に届いた製品は、何度もエラーでインストールがストップするし(ブルースクリーンでまくり)、最後までなんとかインストールできたあとでも、画面が写真のごとくに「崩壊状態」になって動かなくなる。

TS3N0016.JPG

















「ジャンク扱いで」という宣伝文が一番正しい情報だった。たとい起動できたとしても、いつ写真のような状態になるか分からない、まったく使い物にならないPCだった。

「あー、買い物失敗したなー」とがっくりくるしかない(まあ、ヤフオクの買い物ではほかにもたくさん失敗してますがね。ある種、賭け事みたいなところがありますよ、中古品の購入ってやつは。)

だが、あるとき、たまたま何かのタイミングで、PCのマザーボードのコンデンサーが膨らんだ状態だったら、交換すべし、というような内容を載せた記事に行き当たった。(マザーボード上の膨張した電解コンデンサを交換する )


実は以前、画面が崩壊する原因が分からないまま、マザーボード上をつらつら眺めたことがあった。そのとき初めてコンデンサーの中に、あきらかにアタマの部分が盛り上がっているコンデンサーが3個あることに気がつき、「あ、このアタマの盛り上がりを押してへこましたらいいんじゃね」とかまるで根拠ないことを思って、実際にへこまし、再度インストールを試みたが、結果は以前と変わらなかった。(写真では赤い四角線で囲んでいる3つのコンデンサー)。

そういう馬鹿げた振る舞いをしたあと、しばらくたって見つけた記事だったので、「あ、これだ、これだ、確かに、コンデンサーが膨らんでたよな」と思い、メーカー違いだがヤフオクで同じ型のコンデンサーを3個注文して(60円×2と90円×1)これと交換してみることにした。

d530motherboard.JPG


















だが、実際にコンデンサーが届いて作業を始めると、もとのコンデンサーを取り外すのが大変だった。なにより問題なのはハンダ付けをしなければならないことだった。

昔エレキギターのボリュームが壊れたので(フェンダー・ジャパン製のストラトキャスターね)、楽器店で部品を取り寄せてもらい、ハンダゴテセットも購入して自分で修理したことが一度だけあったが、それはもう遠い遠い昔の話。でもそのときに買ったハンダゴテセットは今でももっていたので、それを使うことにした。

だが今回の交換作業の場合、前回のハンダ付け作業に比べ、作業領域が異常に小さくてどこか別の箇所を焼いたりしないかとビクビクものだった。だがなんとかクリア。とはいえ、その仕上がりのぶざまなことといったら(写真なくてすみません、てか見せたくない)。

「さあ、これでまともに動くようになるんだろーか」と賭け事やってるような気分で思いつつ、再度インストール作業から始めたら、なんと今度は最初からまったくなんのストレスもなしに見事にセットアップが完了した。わ、こんだけで「復活」とか、スゲーと感激した。

というわけで、「騙されて3000円ドブに捨てちまったよ、オイ」とそのことを思い出しては悔しがっていた日々が、新たにほんの少し新品のコンデンサーの代金を支払うだけで雲散霧消した。

みなさんの中にも、私と同じような現象に悩まされている人がいるなら、それはもしかして「コンデンサーのイタズラ」かもしれなので、コンデンサーの膨張が見つかったら、交換してみるといいと思う。コンデンサーの部品自体はほんとに安いので、あとは「アナタの器用さ」(意外と大事なポイント)でこのコンデンサー障害を乗り越えられれば、死んだようにみえた機械が復活する可能性がありますよ。

健闘を祈ります。
Posted by バウンドヘッド - 2011.08.14,Sun

ということで、7月~8月は怒涛の修理月間だった。そしてFMV-7000NA5の液晶部の交換作業の終了によって、オレの「修理強迫症」も全快したのだった。(ということで今後数年間、オレが何かを修理するようなことはもはや起きないであろう)。

それにしてもターンテーブルのSL-D33にしろ、今回のFMV-7000NA5にしろ、なんでまさに今部品が必要と思った瞬間に、まるで呼応したようにヤフオクに必要部品が出現してくれたんだろうか? これらのことは、不思議にもありがたい話だった。

今回交換したFMV-7000NA5に合う液晶部はヤフオクで1400円で出ていた。出品者によると、この部品は、もともとFMV-718NU4 からの取り外し品なのだそうだ。だが、FMV-7000NA5にも使用できると説明文にあったので、買うことにした。

はやばやと入札しておいたが、オレ以外にこれを必要としていた買い手もなく、そのまま落札。おととい到着し、本日交換作業を終えた。

FMV-7000NA5の液晶部の交換はとても簡単である。

まず液晶部のつなぎ目である2箇所のネジ(裏側にある)をはずし、インジケーターをおおっているカバーをは
ずす。写真はそのカバーのすべてのかみ合わせがはずれて同じ位置に乗っているところである。
FMV-7000NA502.jpg
















この部品はThinkPadR31のようにネジで下から固定されていないので、かみ合わせのツメの部分を慎重にはずすだけでよい。

液晶部と本体をつなぐネジが左右に2箇所2本ずつ、インジケーターを固定しているネジが左右1本ずつあるので、これをはずす。そうすると液晶部と本体をつなぐソケットが見つかるので、これも慎重にはずす。FMV-7000NA501.jpg

















あとは交換用の液晶部を逆の手順で取り付けていくだけで完成である。

そして交換完了後、画面チェック。
FMV-7000NA503.jpg
















「OK」。

ということで、もしアナタがFMV-7000NA5の液晶交換を考えているなら、参考にしてもらいたい。オレの場合、ネットで図解(写真)付きの交換記事を見つけることができなかったので、商品到着後、今ひとつ不安な箇所があったので、出品者に手順を尋ねて今回の交換作業に入ったのだった。素人がこういう作業を行う場合、やっぱネットにこういう記事があるとずいぶん助かると思い、今回も記事をアップすることにした。
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 10
12 13 14 15 16
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[01/11 バウンドヘッド]
[01/11 王島将春]
[12/19 ASD]
[04/01 バウンドヘッド]
[04/01 トロロ]
プロフィール
HN:
バウンドヘッド
性別:
男性
自己紹介:
e-mail lexxforward@yahoo.co.jp
バーコード
カウンター
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]