忍者ブログ
[120] [119] [118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110
Posted by バウンドヘッド - 2011.04.07,Thu
ということで、銀魂が再スタート。
OPの歌詞の最後を「だ、だ、だ」で終わるところなど、最近のオレの記事と微妙にかぶって面白いなーと思う。

また神楽が見られるようになって大変にうれしいオレだが、なんか最初のエピソードからいきなり変化球って感じで来たなあ。「オイ、あんた誰?」って言いたくなるよな、新八も。こんな神楽だと。

前作から2年後の神楽
kagura2.JPG
















ということで、毎週「べるぜバブ」でナハナハ、「銀魂」でナハナハ笑えるなんて幸せすぐる。

p.s.1 言い忘れてたけど「べるぜバブ」の1stOPも「ダダダ」で始まるからネ。

p.s.2 ということでDVDで銀魂1stシーズンをひさびさ見直したら、キャー、もー、止まらない。ちまたでは春の新作アニメもあまたあるというのにさ。いまさっちゃん登場エピソードまで来たよ。

「また見直したくなるのが名作」

ってこれ、銀魂のエピソードの題名じゃないからね。

p.s.3 銀魂を見直していて「2年後の神楽」についてすでに伏線がはられていたことに気がついた。それは紅桜編でロリコン侍の武市変平太が「この年頃の娘はあと2、3年したらいちばん輝く」とのたもうている箇所。

p.s.4 なんかこのお姉さん「2年後の神楽」のコスプレ、どんぴしゃハマってないすか? あしなげーなーオイ。

p.s.5  ということで何度も見たくなる「毒舌全開神楽ちゃん

p.s.6  ただいま「銀魂見直し月間」中。シーズン4に突入。ゲオでレンタルして見てるけど、こんな地方都市でも「銀魂」はあいかわらず人気作品。シーズン4のED「ウォーアイニー」ってなんかドゥービーブラザーズ風だよね。てか、「誠っちゃん」を初めてみたときは、ハイジのじいさんというよりも、「あ、マイケル・マクドナルド」とか思ったもんだ。で、誠っちゃん=マイケル・マクドナルド説に立つと、ニッポンのマイケル・マクドナルド=斎藤誠を思い出す。あ、「誠っちゃん」じゃないか。

つながったな。

(11.05.20)

p.s.7  斎藤誠でお気に入りのアルバムといえばこれ。
51ZWiHAzNDL__SS500_.jpg















Be Gray(1984年リリース)

アルバム1曲目の「或るグレイな恋の場合」を聴くと、この人がいかにドゥービーブラザーズ(てかマイケル)が好きだったのかが分かる。You Tube上の曲はアップロード者の編集による奇妙なジングルが最初に入るので、すぐには曲が始まらない。なのでジングル部分はこの曲自体とはまったく関係ないので、よろしく(11.05.22)
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[04/01 バウンドヘッド]
[04/01 トロロ]
[08/07 バウンドヘッド]
[08/06 えな]
[06/19 たく]
プロフィール
HN:
バウンドヘッド
性別:
男性
自己紹介:
一応ロックファンですが、でも実は70年代のアコギものLPもよく家で聴いてます。邦楽だと日暮しの『ありふれた出来事』、洋楽だとアメリカの『名前のない馬』が、私のイチオシ・アルバムです。
e-mail lexxforward@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]