忍者ブログ
[87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77
Posted by - 2017.08.20,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by バウンドヘッド - 2010.01.30,Sat

「テガミバチ」(ってオレはGYAOで見てるけど)、なんかとても不思議な雰囲気のあるアニメだ。

ハチの象徴、生き別れた母を見つけたいと思っている「泣き虫な少年」(もちろん親友ゴーシュの発見の旅というテーマもある)と言ったら、タツノコプロのあの作品を誰もが思い浮かべる。そして映画「ポストマン」的な手紙をめぐる、人々の感激シーン。主人公ラグ・シーイング(沢城みゆき)のゲゲゲの鬼太郎的髪型と銀魂の銀さんのような髪の色をした一群の種族。いろんなアニメでよく見かけるようになった「記号化されたツンデレ少女デザイン」。それに「ツンデレの女王」の声を彷彿とさせる声の演技(藤村歩)などなど。およそ「引用」というテーマで挙げていけば、きりがないほどにいろんな要素が呼び集められて出来たアニメだ。だがこれは、どれもみな意図的に分かってやっているのだと思われる。

この作品は、いろんな他作品への連想が思い浮かぶ作品だけど、オレの言うところの「パロディ・コメディ」とはちょっと違う。たとえばアナタが虫の名前が酒の銘柄から取られていることに気がついたとしても、あなたは少しも笑えないはずである。このアニメは、コメディの要素はあってもパロディ劇を作劇の要素にはしていないからである。ポイントは毎回「泣きの要素」を入れること。(泣いてる人をそばで見るだけで「もらい泣き」する人がいるよな。そういう「もらい泣き効果」も入ってるアニメなのだった。)

だが今回のオレの関心は前回までのエントリーのような「引用元探し」ではないのだった。

「テガミバチにはオレの大好きなキャラが登場する」

ということを、ただ言いたいがために、このエントリーを思いついたのだった。

オレの一押しキャラ、それは、ツンデレ・ディンゴのニッチの頭の上に乗っている愛嬌のある小動物ステーキなのだった。特に第5話でニッチがステーキを焼いて食おうとするシーンの面白さは「ショッキング」だった。

以下、ニッチが「がんばっておいしく焼けるか?」とたずねると、涙ぐみながら独特の声(永澤菜教)でうなずくステーキ。

359320a8.JPG













 

さらにぶっとぶすばらしいシーンが、以下の、フライパンの上で焼けていく陶酔感に酔いしれるがごときステーキの身もだえシーン。
5416c1fc.JPG













オレは第5話の、この「すばらしいシークエンス」にぶっとんで以来、アニメ「テガミバチ」を「真剣」に見るようになったのだった。

オレ以外にも、ステーキ・ファンっているのだろうか?

PR
Comments
ステーキ
「非常食」のステーキはとってもステーキ!
今日の放映でニッチとステーキが戻って来たことはとても嬉しかった。
個人的にもステーキを見ていると、飼っていたハムスターを思い出す。
Posted by SBGR023 - 2010.12.19,Sun 00:27:51 / Edit
ステーキのぬいぐるみ
SBGR023さんどうも。ステーキのぬいぐるみですけど、せっかくなので、「頭にかぶれる工夫のされたステーキ」が発売されたら、さらにステーキですね。ニッチが双子の妹だったなんてびっくり。赤ん坊のニッチがまたかわいかったですよ。「お姉さんもあんな顔するんだ」とラグが双子姉妹の「ぶちゃいくモード」に言及した回は笑いました。
Posted by バウンドヘッド - 2010.12.19,Sun 22:19:23 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[04/01 バウンドヘッド]
[04/01 トロロ]
[08/07 バウンドヘッド]
[08/06 えな]
[06/19 たく]
プロフィール
HN:
バウンドヘッド
性別:
男性
自己紹介:
一応ロックファンですが、でも実は70年代のアコギものLPもよく家で聴いてます。邦楽だと日暮しの『ありふれた出来事』、洋楽だとアメリカの『名前のない馬』が、私のイチオシ・アルバムです。
e-mail lexxforward@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]