忍者ブログ
[67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57
Posted by バウンドヘッド - 2009.07.17,Fri
今週木曜日のまいんのダンス「煮込んでスマイル」(新譜)はよかった。レゲエ調にあわせた振り付けがグッド、そしてその振り付けにまいんの衣装とか髪型とかもよくマッチしていたと思う。

実は以前、クッキンアイドルの音楽を担当している橋本由香利が、自分のブログで「初めてまいんに会った」とか「可愛くて、足がながっ」とか書いていたのを、本日のダンスを見て連想した。

橋本由香利の感想はほんとうだったな」と今日のダンスを見て思ったオレだった。

「煮込んでスマイル」はオレにとって「待ち遠しいの」以来ひさびさの、お気に入りダンス・チューンになった。

以下「煮込んでスマイル」(You Tube版)「煮込んでスマイル」(ニコニコ動画版)
61bb9cff.jpeg













「ぽーい、ぽいぽい」という歌詞の言い方とそれに合わせて雲型のようなものが出てくる演出も、ダンスとは別に「いいなあ」と感じてしまうオレだった。

p.s.逝っておくが----じゃなくて言っておくが----、オレは、まいんが「美少女」だから、この番組に関心を寄せているのではない。以前のエントリーにも書いたが、初めてこの番組に遭遇したとき、もし彼女が「料理しているだけ」だったら、オレは「おー、なんか美少女が出てるなー」と感じただけで終わったであろう。そういう場合、当然次回は見ない。街で「お、いいオンナ」などと、すれ違いざまの視線をしばし奪われつつ、次の日にはその美女の顔とか、あるいはナイスなバディさえ、いやそもそも遭遇したという事実さえ忘れている、とかいうような、アナタも日々街角で体験しているような、そういう「日常的な体験」と大差ない「遭遇体験」で終わったであろう。美人も美少女も、世界には数え切れないほどいるじゃないか。そうではなく、オレはたまたま彼女のダンスシーンを----それは結局のところ福原遥をこの番組に抜擢した製作側の「演出力」の結果でもあるが----見て驚いたから、この番組に関心を持つようになったのだ。彼女が「美少女である」のは「才能」なのではない。それは「所与のもの」なのであって、問題は、彼女が「芸能によって人を魅了できる力」を発揮しているかどうか、あるいはこの番組を製作するために、それぞれ得意分野の特殊技能を持ち寄って様々な形で関わっているスタッフたちが「そんな彼女の力」を借りつつ、今後も視聴者たちの目と耳を惹きつけ得るクオリティを維持できるかどうかということなのだ。オレは「そのようにしてこの番組の関係者たちの結束によって作り上げられた作品の成果」を指して、「今回の音楽とダンスは好きだ」とか「イマイチだ」とか「自分なりの美意識」に沿って日々感じているにすぎない。そういうワケでオレは、「この番組」に幼女の身体に異様な妄想を抱く方面からやってくるやからにはついていけない。ネット回線に進入し「父は許さんぞ的気持ち」を携えつつ、必殺仕置き人となって回線内を幽体で伝わり、そやつらのPC画面に現れて成敗つかまつりたいくらいよ。(ちなみに実家に引っ越してからは内でも外でもまったく怪異な出来事は起こらなくなったけどねー。)
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[04/01 バウンドヘッド]
[04/01 トロロ]
[08/07 バウンドヘッド]
[08/06 えな]
[06/19 たく]
プロフィール
HN:
バウンドヘッド
性別:
男性
自己紹介:
一応ロックファンですが、でも実は70年代のアコギものLPもよく家で聴いてます。邦楽だと日暮しの『ありふれた出来事』、洋楽だとアメリカの『名前のない馬』が、私のイチオシ・アルバムです。
e-mail lexxforward@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]