忍者ブログ
[89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79
Posted by - 2017.08.20,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by バウンドヘッド - 2010.02.07,Sun
「マクロスF」についてはネット上でいくつか記事を読んだことはあったのだが、最近まで作品そのものを見たことがなかった。レンタル店に行く機会があるときは、「次回こそ借りて帰ろう」と思うのだが、そのたんびに違う作品を借りて帰っていた。

で、やっと今回「マクロスF」を見たのだった。(とはいえ、シリーズ第1作目の「超時空要塞マクロス」は見ていない。)

それで実際に視聴して一番残念に思ったのは、12話で初めて登場するランカ・リー(中島愛)の歌う「星間飛行」を、以前すでにオレはYou Tubeで聴いてしまっていたということだった。この名曲をまったく知らず、12話の「あの場面」でいきなり聴かされたら、この12話は、オレにとっては相当にショッキングなエピソードになっていたのになあ、と思うからだった。

ランカ・リー(中島愛) 星間飛行
rankalee.JPG















実を言うと、初めて「星間飛行」を聴いたとき、「あれ、これってマイ・リトル・ラバーの曲?」って思ったのだった。作詞は松本隆。うん、曲調とつき合わせて考えるとこれは分かる。だが、作曲は菅野よう子じゃないか。このメロディは菅野よう子の生来の呼吸感覚から作られた曲じゃないよね。まさしく「これぞみごとな職人仕事」って言いたいくらいの、クライアントの要求を上回る上出来の曲だったと思う。それに、おっさん世代をにやっとさせるディープ・パープルの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」をアレンジにしのばせる遊び心もいい。

初めて「星間飛行」を聴いたとき、オレは歌詞の切れ方やそれにあわせたメロディラインの切り方(呼吸感覚のようなもの)、そして歌声と歌い方にマイ・リトル・ラバーのやってきた音楽と同質のものを感じたのだった。もちろん菅野よう子がマイ・リトル・ラバーの既出の曲をパクったわけではない。マイ・リトル・ラバーの発表した曲に「星間飛行」と似た曲はないのだから。にもかかわらず、オレは「あ、マイ・リトル・ラバーだ」って感じたのだった。そして「星間旅行」のマイ・リトル・ラバー・バージョンがあったら、聴いてみたいのになあと思ったのだった(ドンピシャハマちゃうと思うぜ)。

マイ・リトル・ラバーが「evergreen」を発表したのが95年。そのころに生まれたマイ・リトル・ラバーを知らない子供たちが、中学生くらいになったとき、「マクロスF」を見て、「星間飛行」に感動したのだ。

で、おっさんのオレはマクロスFを見て、「ああまたマイ・リトル・ラバーが聴きたくなったなー」と思うわけだった。「星間飛行」のような感じの曲が好きなリスナーだったら、きっとマイ・リトル・ラバーも気にいると思うな。

というわけで、中島愛の「星間飛行」好きのアナタが、もしまだテーンエイジャーで、「マイ・リトル・ラバーは知らない」とおっしゃるなら、一度You Tubeなんぞで試聴してみるといいと思うぜ。

p.s.1 スターダストレビューに「夜間飛行」という名曲があったな。オレ実は彼らの「Thank you」というアルバムが好きで、「夜間飛行」とならんで「スーパーソニック」も好きだった。でもこれらは根本さんの歌じゃないんだよね。三谷さんつう人の曲で。若いころ「夜間飛行」と「スーパーソニック」が聴きたいがために、わざわざ夜、青島、日南海岸方面へ----昔宮崎市に住んでいたもんでね----ドライブしたもんだ。この2曲はオレにとって「夜に聴く曲」だった。

p.s.2  オレが、My Little Loverで一番好きな曲は「Yes」。これも昔車んなかで、ヘッドバンギングしながら聴いたもんだ。「メタルでもないのにそれっておかしくね?」って言うのか、アンタ。いいんだよ、それで。

p.s.3  っていうか誰かMy Little Loverの曲使ってマクロスFのMAD作ってくんないかな。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[04/01 バウンドヘッド]
[04/01 トロロ]
[08/07 バウンドヘッド]
[08/06 えな]
[06/19 たく]
プロフィール
HN:
バウンドヘッド
性別:
男性
自己紹介:
一応ロックファンですが、でも実は70年代のアコギものLPもよく家で聴いてます。邦楽だと日暮しの『ありふれた出来事』、洋楽だとアメリカの『名前のない馬』が、私のイチオシ・アルバムです。
e-mail lexxforward@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]