忍者ブログ
[103] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93
Posted by バウンドヘッド - 2010.07.01,Thu
ついに7月になっちまったか。6月は一本も記事を書かなかったよ(なんか忙しくてあわただしくて、おまけにビンボーでさ)。

現在「マクロス7」を見ているところ。「マクロスF」で「星間飛行」に引用されているディープパープルの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」の話をしたけど、「マクロス7」でもデープ・パープルの「BURN」を彷彿とさせる曲が使われてるね。ってことは、菅野さんがデープパープルを引用したのは、ちゃんと前作からの受け継ぎというか「伝統」に沿っていたわけだね。

マクロス・シリーズの第1作目は見ていないので、「見ることのできる機会」があれば、ぜひチェックしたいところだな。

あと新房昭之監督の「月詠」も見たよ。確かにドリフターズだった。「8時だよ 全員集合」からの引用。魔法アニメに出てくる召喚金ダライの淵源が「ドリフターズ番組(舞台物)にあった」なんて、おもしろい結論だよなあ。このアニメでは金ダライは召喚されて出現するのではなくて、舞台の上方から勝手に落ちてくる。つまりここではまだ、ドリフターズの舞台劇の引用として、当作品に持ち込まれたものだった。それが他の作品群で「召喚によって上から降ってくる金ダライ」モチーフに変容する。

「ロザリオとバンパイア」のカプチュー行為との関連性も感じた。同じ監督作品で「ダンス・イン・ザ・ヴァンパイアバンド」も見たよ。「ダブル(ヒロインにそっくりなブラックヒロイン)の存在」というのは「Blood+」にも出てきたモチーフだけど、「月詠」もある意味「ダブル」のモチーフがあるよね。あ、そういう観点からだと、「ロザリオとバンパイア」もそうだね。

ところで、アニメ「銀魂」もドリフターズ・オマージュから始まったよな。

あと見たのが「にゃんこい」ね。主人公のキャラが「とある魔術の禁書目録」の主人公に似ていた。それに彼が通ってる学校名に「常盤」の文字が・・・・(もちろんこれはスピンオフ・アニメの「とある科学の超電磁砲」の常盤台中学との連想だが・・・・)。やっぱかぶってるじゃん。これについては、番組中でも「誰かに似ているなんてことはない」的な発言があったけど、やっぱ「とある魔術の禁書目録」を意識しての発言ってことでいいのかな?

あと「夏目友人帳」1期2期。両作品のEDの雰囲気が(曲のテンポとかも含めて)みごとに一致していたけど、これって大森貴弘監督が意図して「発注」した曲想だよね、きっと。てのも昔ギャオでやってた、これも大森監督の「赤ちゃんと僕」のEDとも曲想が似ているんだな。だから「ああ、そうなんだ、これは監督の趣味なんだろうな」と思った。

この作品は笑いはもちろんだけど毎回泣きの要素が入っていて、オレは好きなアニメだったな。それに「こういう妖怪物語もあるんだ」、と「妖怪描写の新しさ」にも感心したよ。もちろんこれは原作がそのように妖怪を扱っているからだけど。ところで、「にゃんこ先生」いいじゃないっすか。たぶんいろいろ「アドリブって」声の演技してたよね。初代にゃんこ先生といえば「いなかっぺ大将」ね。

6月は、新作はほとんど見てなかったな。っていうか、オレ1週間ごとに見ると前の話を忘れちゃうので、たいてい一気見しちゃうんだな。そのほうが感動も強まるしね。だから最近の作品は終了後しばらくして見るってのが、オレ流の作法なのだった。一話完結ものだとそうでもないけど、ストーリー物だとやっぱ一気見が伏線とその解決にも気がつきやすいし、話もよく分かるよね。

p.s.1  「マクロス7」のSecond ED 「・・・だけど ベイビー!!」を聴いたら、スパイラル・ライフのことを連想した。

mire.JPG

















一般的に言ってスパイラル・ライフのことを知っている人はあまりおるまい。だがオレは彼らのアルバムの「spiral move」を初めて聴いたときに、その独特の音楽性にびっくりした口のニンゲンだ。マクロス7の「・・・だけど ベイビー!!」ってもしかしてスパイラル・ライフから影響受けてない?と感じたので、それぞれの公開時期を調べてみた。するとスパイラル・ライフの「spiral move」が94年の7月リリースで、マクロス7は94年の10月から始まっている。だから、この「思いつき」もまんざらありえない話ではないと思うんだな。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[04/01 バウンドヘッド]
[04/01 トロロ]
[08/07 バウンドヘッド]
[08/06 えな]
[06/19 たく]
プロフィール
HN:
バウンドヘッド
性別:
男性
自己紹介:
一応ロックファンですが、でも実は70年代のアコギものLPもよく家で聴いてます。邦楽だと日暮しの『ありふれた出来事』、洋楽だとアメリカの『名前のない馬』が、私のイチオシ・アルバムです。
e-mail lexxforward@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]