忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9
Posted by バウンドヘッド - 2015.04.11,Sat
ということで、第二弾。

HP in DELL機はケースのボトムに設置するはずのハードディスクベイをひとつつぶさざるを得なかったので、3.5インチシャドウベイに400GBのハードディスクを入れている。強力両面テープなどを使ってボトムにおいてもいいのだが、ちょっとみっともないので、いまのところやっていない(でも3台目を設置するときは、やっちゃおう)。

ボトムのHDに比べてどうしても温度が高くなってしまう(10℃くらいの差があった)。

ということで、そのシャドウベイのHDをファンで直接冷やしてみたらどうだろうと考えた。

手元にはパナソニックの古いDVDドライブの残骸が残っている。これに92mmファンを取り付けることにした。このケースは最近の型と比べると縦の長さが長めのケースだった。



まるでカブトガニだね。ハンドドリルとハンドニプラーを使ったけど、やっぱり上手に円を切取れなかったよ。
まあでもとりあえずオーケーだよな。




でもパナソニックのロゴの入ったパネルは不要なので、代わりにメッシュのパネルをはめることにした。
とはいえ、メッシュパネルがそのままさくっとはまるはずもない。なおかつメッシュパネルの方がプラスチックの枠がはまっている分、厚みが広い。そこでプラスチック枠は取り外した。そしてホットボンドでSC430側のパネルに直接ひっつけて、ことなきを得た。




で、中から見た図が以下。もちろん温度はちゃんと下がってくれたよ(参考 室温20℃ シャドウベイHD33℃ ボトムHD29℃)。



 
PWMの分岐ケーブルで回転させている。

p.s. 言っておくけど、最初の写真に写っているファンの汚れはちゃんときれいにして使ってるぞっ。

PR
Posted by バウンドヘッド - 2015.04.06,Mon
前回の記事で、DELLのCPUファンやケースファンのピン配列は自作汎用系(ATX)基準に準じていないという話をしたあと、「あれ?・・・・・、ってことはHPのマザーボードが自作用ケースのフロントオーディオやUSBを認識しないのも、結局ピン配列のせいじゃないのかな。もしかしてHPもPC自作派への嫌がらせをやってたの?」と考えてしまった。

そしてハタと思い出した、「あ、でも、HPだってATX準拠のマザーボードを作ってたじゃん」

HPのDC530CMTのマザーボードは、ATXの汎用ケースに付いていたAC'97のフロントオーディオとUSBを確かに認識したのだった。だがそれでもHPには一方では汎用品を認識しないマザーボードもある。

それで少し検索をかけてみると、HPの話題は見つけられなかったが、NECのフロントUSBの話(Kite's Field)が出ていた。ほかにこういう記事も。

「ああ、やっぱピンアサインの問題だったのか」とあらためて思ったのだった。

Kite's Fieldの記事ではフロントUSBの具体的な配列は結局「説明書を見てください」というだけで文字情報としては公開されていなかった。

写真から逆配列のようにも思えたので、実際にやってみたがマザーの電源が切れ起動不可という恐ろしい状況になった。しかたがないので、ボタン電池をはずし、CMOSクリアボタンを数秒間押して、復帰した(このボタンが付いていて、、なおかつ「復帰力」が高いのがHPマザーボードのすばらしいところ)。そういう「危ない試み」を何度も繰り返した(汎用マザーボードだったらおそらくジャンク品になったまま「戻ってこれない」可能性が大いに高まっていたはずだ)。

そしてついに汎用品のフロントUSBをHPのマザーボードが認識するピン配列を見つけた。見つけてみればなんということもない簡単な配置移動に過ぎなかった。

 
普通ATXでは⑩はダミーである。しかしHPでは通常⑧にくるGND(黒ケーブル)を⑩に差し替えなくてはならない。そして順に②④⑥⑩に+5V、-DATA、+DETA、GNDと並べていけば、マザーボードが認識するのだ。大事なのは向かって右側の文字列がピンで埋まっていないと、左側だけを先に順番にピンで埋めるだけはマザーボードが認識してくれないという発見だった。

フロントUSBのピン配列を変えたら、マザーボードが認識したのだから、じゃあフロントオーディオにも「配列変換」がほどこしてあるに違いないと確信した。

そこであれこれいじっているうちに、やはりなんというこもない小さな変更が加えられていただけだったことを発見した。





左側が自作ケース側のいわゆるATX準拠のHD Audio用ピン配列である。④は私が利用したフロントUSBでは、なにも埋まっていなかった。絵を見てすぐ分かる通り、②GNDのピンを④に差し替えるだけである。これでHPのマザーボードがフロントUSBを認識してくれた。

昔HPのDX7300MTのマザーボードを自作ケースに載せかえて使うという試みをやったが、その当時は「知識」がなくて、結局、「ああいうやり方」でしのいだけれど、そんなことをしなくてもよかったんだということが今回はっきりした。

DELLのファンのピン配列で悩む体験があったればこその再トライの成果である。

そういうわけで、空き箱になっていたAlritのプレートの貼ってあるミニタワーにDX7300MTのマザーボードを詰め替えたものが以下である。

以前、自作したフロントオーディオ基板(これはAC'97用に工作した)は、この際、はずしてプラスチック板(とりあえず手元にあるものを使うのがモットーなので、余っていたDVD用のプラケースを使った。でも色がズレすぎだよな。いい素材が見つかれば再トライしますよ)を切り出して埋め、別途中国から取り寄せたHD Audio対応の3.5インチベイ用部品を利用することにした。AliExpressという中国のネット通販サイトで、この3.5インチベイ用の部品を発見できたことは大きい事件だった。日本ではamazonでもどこでもHD AudioにUSB2.0が2つ載っている3.5インチベイ用部品はまず見つけられない(amazonにはUSB3.0バージョンなら出ているね)。しかも安い。これが日本円にして1200円くらいで送料無料で手に入るんだから。



上から二段目の5インチベイにはアイネックスの引き出しをつけた。

とりあえず今のところこれで動いているけど、一度だけ電源を入れた際、「front USBが認識されません」という趣旨の英文がまた出現した。けれど、そのまま起動させたら、ちゃんと音も出るし、2つのUSBも使える。でも「いったいあれはなんだったんだろう」と思う。もしかしたら、今回の発見はまだ不完全の箇所があるかもしれないということだろうか(それとも「中国製品」に接触不良箇所があるせいか? 可能性大かも)。

(追記 どうやらこれは基板上のハンダがつきすぎて(まるで銀のツララ状態)金属性のケースと接触したとき起きていたようだと判明した。イヤホンジャックを差し込むとノイズとともに音が消えたり出たりする不具合があった。そこで金属ケースに絶縁テープを貼り付けて、ハンダの箇所が金属ケース底部と直接接触しないようにしたら、問題は解消したのだった。ハンダ技術が届いた商品で異なっていると、特定の同じ商品だけが不具合を起こすということだったのだ。)

まあ、そうではあってもとりあえず動いてくれているので、HPのマザーボードを自作に利用しようと思っている人は、今回の「発見」をぜひ参考にしてがんばってもらいたい。

p.s. 1 AliExpressで買った品はおよそ10日ほどで届いた。こんな梱包で届いたよ。



で袋から取り出すとこんな感じ。



いつか中古のCore iシリーズに移行する時期もあろうし、USB3.0バージョンも注文しとこうかな。bios programmerとか(biosアップデート失敗などで起動不能に陥り、ジャンク化したマザーのサルベージ用品)日本のヤフオクで2000円くらいで出回ってるけど、実は同じものが400円くらいで買えるということを知って「うほー、日本のPC愛好家たちはみごとにボラれてるなー」と思った次第。

p.s. 2 HP DC7900CMT in DELL SC430だけど、新たな目標ができたよ。つまり「実際に部品を集めて、自作用基板(電子工作用のが売ってるよね、いろいろ)でハンダ付けを行って、ちゃんとした回路を持ったスイッチ基板を作る」ってこと。それを現在のボンド式スイッチパネルと交換することができたら、いいなあ。いつになるか分からないけど。

p.s.3 DX7300MTのマザーボードにはフロントUSB用のコネクタしかなく、そのピン配列がHP仕様だった。だがDX7500系にはフロントUSB用と3.5インチベイに搭載するカードリーダー用のUSBコネクタがある。このHPマザーボードの奇妙さはフロントUSB(USB1)とフロントオーディオのピン配列はHP仕様だが、汎用カードリーダー用のUSBコネクタ(USB2)はATX準拠になっていることだった。

つまり「ひとつのマザーボードに2種類のピン配列をもつUSBコネクタが存在する」ということである。HPマザーボードで自作する人はこの点にも注意をしておくとよいと思う。

p.s.4 上記のピン配列で、HPのDX7300にもAliExpressで買った同じ製品が使えるか試してみた。結論から言えば使える。USBはあれでOKだった。しかし、どうしてもマザーボードがfront audioを認識してくれない。そこで、廃品ケーブルを使って②と④を同時に埋めてみた。下図は10ピンコネクタのうち偶数列の②と④だけを取り出して横から内部を覗いている図である。




こうすると今度はありがたいことにマザーボードが認識してくれたではないか。理論的な理由は私には分からないが、②番ピンを④番ピンに差し替える(第1の方法)だけでは認識しない場合はこの第2の方法を試してみるといいと思う。(追記 その後もう一台ALiExpressで同じ商品を別業者から購入したら、ケーブルがすでに上記のようにセットされた状態で届いた。どういうこと?)
Posted by バウンドヘッド - 2015.04.01,Wed
今回、Dellの独自仕様のファンの4ピン配列(アサインメント)について大きな発見があったことを最後に補足として書き加えておきたい。

Dellのファンのピンの構造は独特で、通常の汎用ATX系のピン・アサインメントにまったく従っていない。

それを知らずに、強引に他社のマザーボードの4ピンに突っ込めば、ものすごい爆音をあげて高速回転をするか、場合によってはマザーボードを起動不能状態におちいらせてしまう(やっちまいましたよ、私もさ)。

Dellのピンは5ピン式コネクタで、複雑な留め具が付いている。実際に使用するのは4ピンであるが、この配列がクセモノなのだった。

通常汎用系すなわちATX(BTX)系は1番ピンから、GND・+12V・パルス・PWMの順に並べることになっている(参照)。

ではDellの5ピンコネクタを実際に見てみよう。(ちなみに、写真のコネクタはすでに表も裏も出っ張りをけずって加工済みのものである)。



左側がDell仕様のピン配列で、右側が一般的な汎用マザーボードにおけるピン配列である。

Dell仕様では、1番 パルス、 2番 +12V、3番 GND、 4番 PWMとなっているではないか(これは嫌がらせなのではないか?)。

そこでDellのCPUファンやケースファンを汎用系マザーボードに転用したい者、あるいは逆に汎用系ファンをDellのマザーボードで使いたい者は、それぞれ1番と3番を入れ替えて使用すればいいのだった。

そういうわけで、私もCPUファンとリアの排気ファン2つで十分だと思っていたのだが、このDellのケースに付いてきたファンをピン配列を汎用系に入れ替えて、試しにフロント底部の吸気ファンとして現在使っている。12cmのCPUファンも吸気用ケースファンとして試してみたが(ファンだけ外枠からはずしてだが)、こちらはやはり風きり音がPWM下でも大きめで、いやになったので、小さい方を(こちらは外枠にはめた状態で)今は使っている。




もちろんこれもいつ外すかわからない。実験してみるのが楽しいだけなのでね。

ということでDell製のパソコンを使っていて、ファンの故障などを直そうとして汎用品に手を出し、痛い目にあう人や、逆にATXのマザーボードにDellのパソコンから取り出したファンを使って泣きを見る人が出ないように、皆さんも知識でDellの嫌がらせに対抗いたしましょう。



p.s.ここで、 私がフロント側の吸気ファンをいったいどうやってPWMで回転させているのかについて書いておこう。もしPWMを利用できない場合は2ピンの電源だけで、全開で爆音を上げて回転することになる。それをコントロールしようと思う人はファンコントローラーを使う。ファンコントローラーは独立して回転数を調整できるので便利だ。だが価格が高い。私が回転抑制に使っている方法は以下の写真のような道具を使う方法である。



4ピン目のPWMの信号を分岐させて、この信号によって「新しく加えたファン」の回転を抑制するのである。CPUファンの情報と同じもので回転させるので、CPUファンの回転数が上がれば連動して上がる。分岐したコネクタの一方が「本物のコネクタ」で、これはもとのCPUファンにつなぐ。そして新しく加えたファンのコネクタに3ピン目のパルス信号が欠けているコネクタをつなぐのである。回転抑制を安く上げたい人はこの手をつかうといいと思うよ。







Posted by バウンドヘッド - 2015.04.01,Wed
LEDの交換は以前から何度も経験してきたので、さして苦労はないだろうと思っていた。都合のよいことにSC430のフロントパネルは手持ちのLEDの直径と同じくらいの大きさの穴で作られたメッシュ構造をしていたので、ためしにそのまま穴に突っ込んでいろいろ配置を試してみた。



うーん、確かにHPの本来のフロントパネルのパワーLEDとハードディスクLEDは横並びで付いているけれど、これはなにかが違うと感じた。

そこで、もっと上の方にハードディスク表示用に青色LEDを設置するための穴を開けようと思った。本来付いていたスイッチボタンの下に設置することにしたのだった。

あわせてスイッチボタンも青く光らせようと考えた。



上の動画はSC430と同じものではないが、同系統の構造をしているので参考になると思う(SC430の動画は見つけられなかった)。



本来SC430にはフロントUSBのとなりにLEDが表示される構造になっている。ちいさなLEDが7つも付いているのだ。光は屈折をつかってフロントパネルに表示されるようになっている。

今回の改造ではこのLED群はまったく関係がないので、LEDの光る箇所には後ろから黒いインクを塗りこんで表示自体を目立たなくしてしまった。

YouTubeの映像で分かるとおり、スイッチボタンは電源が入る瞬間点灯するがすぐに消えいるような弱々しい光に変化してしまう。

私はこのスイッチボタンをずっと青いまま光らせておきたいと考えた。

そこで通常の円筒形のLEDではなくひらべったい四角いLEDをヤフオクで手に入れてこれを利用することにした。



これをスイッチボタンと連動している、まるでかたつむりが背伸びをしたような構造体のてっぺんに設置した。その上部に小さな反射板もつけた。



この背伸びした透明かたつむりのてっぺんにLEDをこのように設置した。



これは中から眺めた図である。


こうして、パワーランプとハードディスクランプもうまく設置することができたのだった。ただし、パワーランプはじゃっかん暗いのが難点。



ということでXPを導入しているところ。



さらにYouTube動画と似たような動画を作ってみた。ウェブカメラの画像だし、音声なし。でも立ち上がりはDellの動画のようにうるさくは全然ないよ。巨大12cmCPUファンを使っていないせいだね(下写真参照)。

左側の12cmファンは前後の幅も通常の12cmファンよりもずっと広い。これにさらに巨大なヒートシンクが付くんだけど、持っていないんで今回は実験できなかった(右側は比較のために置いたHPのDC5700SFFのCPUファン)。



以下、幅広のDell製ファンの大小セットの中身を取り出したもの。





完成した「HP in Dell 」PCのCPUはCore2 Duo E8500、メモリが2G。ハードディスクはOS用に80GBを底面に、それと400GBをもう一台カードリーダーの下、3.5インチのシャドウベイに入れている。

OSはいずれWindows8.1を入れてもいいけど、XP時代の豊富なソフトは自分にはいまだ現役だからねえ。あえて、XPでしばらくは遊んでみるつもりだよ。

それに今後もこのマシンの中身を(CPUファンをDell製にしたり、グラフィックカードを入れたり、中国製ファンコンを実験してみたりとか・・・・・)いろいろとっかえひっかえして実験を繰り返すと思うしね。
Posted by バウンドヘッド - 2015.04.01,Wed
おっとその前にバックパネル関連の記事を書くのを忘れていた。

HPのDC7900CMTのマザーボードにはパックパネルが付属していた。普通ならこのバックパネルと同じ大きさの穴を開けて、そのままさくっとはめ込めばいいじゃないかと考える。

私も当初はそう考えていたのだが、実際にSC430のケースを観察すると、構造上無理だということが分かった。それでも穴は開けなくてはならないので、ハンドニプラーというもので作業を行った。




ところが金属が二重張り状態になってどうにも硬く、また私の非力さゆえに握力にも限界があり、とてもきれいに切り開くことができなかった。

結局、住宅なんかでコンセントを設置するときに、壁側はあらく穴をうがって(どうせ外からは見えないので)、外側からプレートかぶせる方式で対処するしか今回はできなかった。



そのようにして外側からかぶせた図が上図である。バックパネルは通常薄い板が二枚重ねになっている。写真のプレートのまわりには、本来穴にテンションをかけながらはめ込む役割をもった薄い金属板が二重張りされていたのだが、今回はかえってジャマなのでニッパーとペンチでむりやりひきはがした。けれど写真でも分かるとおりオーディオジャックの右側が太い柱のようになっていて、このはみ出したプレートの箇所を切断しなければならなかった。ところが最初おろかにも左右を勘違いして作業したために切ってはいけない側を切ってしまい、あらためてきり直した。左側にハンダを当てて修理したあとがみて取れる。

とりあえず、両面テープで軽く接着し、そのあとアルミテープでうえから補強した。



そしてこんな感じに仕上がった。



Posted by バウンドヘッド - 2015.04.01,Wed
Dell特有のケースの問題とCPUファンとケースファンの設置問題が解決して、次はスイッチとフロントオーディオとフロントUSB問題に対処しなければならなかった。

以前当ブログでもたびたび書いている通り、HPのマザーボードは汎用のフロントオーディオやフロントUSBを認識しない。だから、フロント関係をいじるとなると、やはり手持ちのHPの部品を再利用するしかなかった。

ここでもまた愕然とさせられたのが、Dell特有のスイッチ基板だった。Dellのスイッチとフロントオーディオ・フロントUSBはすべてひとつの基板に集められていた。



しかも、ピンのピッチは通常の2.54mmではなく、もっと幅が狭く、ピン自体もさらに細くて小さかった。はじめのうちは、このスイッチ基板から出ているピンを調べてつなげることができれば、なんとかできるんじゃないかと甘い予想を立てていたのだが、そもそもこの基板自体が故障しているのか、ついにスイッチボタンの配線すらちゃんと見つけ出すことができなかった。

そこで、どちらにしろ、DellのフロントUSBはHPは認識しないだろうし、それに、もともとSC430にはついていなかったフロントオーディオジャックを新たに設置したかった。

それで手元にあるHPの部品をスイッチもフロントオーディオもフロントUSBも再利用することにした。Dellのスイッチ基板の厚みは1.5mmだったので、ホームセンターにいって、アクリル板の厚み1.5mmの商品を探したが、あいにく在庫が切れていたので、しかたなく2mmを買って帰って、Dellの基板と同じ大きさに切り出した。

据え付けは基本100円ショップの接着剤(アロンアルファ系?)と少々の針金だった。そうやって苦心のすえできたのが、以下のHPマザーボード用フロントパネル基板だった。



上の写真は箱の下から眺めた図である。透明なプラスチックだったはずなのに、「雪の女王の呪い」にでもかかったかのように、本来接着剤を塗っていないところまで白く変容してしまっている。

しかし、問題なく動作したので、これで今回の試みの一番大きな山は越したと思った。

こうしてSC430のケースのフロント部分にあらたにオーディオジャックとUSBが設置された。




そして次に手をつけたのがLED関連だった。


p.s. 本日(2015/04/29)つらつらとネット検索していたら、ついに「まつろわぬもの」というサイトで、SC430の40ピンのアサインメント記事を見つけた。これを参考にprecision 390のI/Oコネクタ基板をDC7900CMTに利用できないか研究するつもりだ。というのもprecision 390のI/Oコネクタは基本構造がSC430とおんなじで、加えてSC430には搭載されていなかったフロントオーディオジャックも載っているので、これを今使っているボンド接着基板とまるまる交換できたらいんだけどね。

Posted by バウンドヘッド - 2015.03.31,Tue
Dell PowerEdge SC430の空き箱を再利用するためには、底面のハードディスクベイをひとつ除去すればいいだけの話だった。

だが、そうは言っても、うまく除去できるのか、はなはだ自信がなかった。結局、醜い状態になってにっちもさっちもいかなくなって、ヤフオクで売ろうにも商品価値がなくなってしまってるんじゃないかとか心配だったわけだ。だが、「再開すると決めたんだから、とにかくやってみよう」そう思って、例の金切り鋏を取り出して、思い切ってチョキチョキ切りはじめた。最初の心配は吹き飛んだ。



写真の赤い囲いのところがハードディスクベイを除去をした箇所だ。キザギザの部分がちょっと残ってしまったが、これでHPのマザーボードを載せることが可能になった。

手元にはHP関連のさまざまなガラクラ類が豊富にあったので、それらを再利用することにした。

ファンをどうするか考えた。もともとこのケースには強力な風力を持ったファンが2つ付いていた。けれど、それ用のヒートシンクがなかったので、改めて中古をヤフオクで探すのは無駄な出費に思えたので、使わないことにした(ただしCPUファンはあとで再利用することになる)。

CPUクーラーにはHPのDC5750MTで使われているものを使った。幸いまだ1個手元に残っていたのだ。だがリアのケースファンをどうすればいいのだろう。この点はかねてから、背面がメッシュ仕様になっているから、汎用品をネジとボルトで簡単に取り付けられるだろうと思っていた。

だが実際に四角い9cmファンを取り付けてみると、少々幅が広すぎてうまく収まらなかった。それで以前当ブログでも紹介したことのある手を使えるんじゃないかと思いついた。すなわちCPUファンのファンの部分だけを取り出して据えつけることができるんじゃないかと思い、実際にやってみたら、うまく設置することができた。CPUファンのネジの部分が通常の9cmファンより少しだけ内側に寄り、全体のサイズもちょっとだけ小さくなったためだった。今回は4ピン仕様のCPUファンを再利用した。

上の写真にはCPUファンが排気ファンとして動いている様子が写っている。
結局CPUファンとケースファン(ともに4ピン仕様)を設置すると全体像が以下の写真のようになった。



SC430のファンを再利用したら、こんなスカスカにはならなかったよね。

p.s. このあと、内蔵スピーカー(HP製マザーボードには、モノラル出力の内蔵スピーカー用出力ピンが存在するのだよ)と吸気ファン(もともとこのケースに付いてきたフロント底面に設置するケースファン)を取り付けたので、スカスカ度はかなり減ってしまったけどね。というかCPU温度にはまったく影響ないし。でもシャドウベイにあるハードディスク温度は1~2度くらい下がったかな。大口径12cmファンを吸気ファン代わりにして90%でまわした実験をしたら(強い風がリアの壁で跳ね返って回り込んでくるんだろうね)25度前後を維持するようになったけど、いかんせんうるさ過ぎたので、すぐに実験はやめちゃったよ。現在の構成だと底部のHDが35度以下、シャドウベイのHDが38度以下で推移する状態。



つまり現在の内部構成はこんな感じです。

Posted by バウンドヘッド - 2015.03.30,Mon
まず下の写真を見てほしい。



左がHPのDC7900CMTで、右がDellのSC430である。汎用的なBTXの形式をHPはちゃんと踏襲しているが、Dellのマザーボードには欠けている箇所がある。

この欠けている部分にハードディスクを2台収納するベイが特別に作られているからだ。下の写真は届いたケースの内部写真である。



Dellの箱には底面に、このようなハードディスク収納部があるために、HPのマザーボードが入らなかったのである。このマザーボードはミドルタワー用のBTX形式のマザーボードなので、PCIスロット部が増えた分(2つ分ね)、ミニタワー用のBTXのマザーボードよりも長くなっている。だからBTX形式で造られているHPのDC5700SFFやDC5750SFFのマザーボードなら収めることは可能なのだが、今回の場合はダメだった。

「あー、こりゃあダメだわ」とがっかりしながら、ため息つきつき、私はマザーボードもケースも再び納戸の中にしまってしまった。

「あー、失敗したなー。どうしよう。2つともヤフオクで売るしかないな」と思い、その後ずっとこの改造計画に手をつけるのをやめてしまったのだった。

今回、雲散霧消したはずの「計画」が突然復活したのは、「美しき箱」計画をずっと続けているうちに、「もう一回チャレンジしてみたい」という思いがふつふつと沸き起こったからだった。

p.s. ちなみに同じHPのDC7900シリーズであってもSFFとCMTではCPUファンを基板に固定するための寸法が異なっていることも報告しておこう。(以下写真参照)



左がDC7900CMTで右がDC7900SFFのマザーボードである。CPUソケットはLGA775。したがって基本は右側の正方形型の固定ネジ(ピン)幅が普通よく目にする本来の形式である。だが、CMTの方は長方形型になっている。BTX形式で作っているHPのDC5700SFFやDC5750SFF(およびMT)なども長方形型。実際に合わせてみたわけではないが、DellのSC430や同じシャーシを流用していると思われるPrecision 390などの固定ネジも同寸であろうと思われる。
Posted by バウンドヘッド - 2015.03.29,Sun
かねてから予告していたように、DellのSC430の「空き箱」の再利用品がほぼ完成したので、その改造記録の報告をしたい。

もうかなり前にヤフオクでHPのDC7900CMTのマザーボードが980円で出ていたので、「これは買っておこう」と思い、落札した。「いつか待っていれば、格安のケースが出てくるだろうから、それに詰めればいいや」と思っていたのだが、一向に出品される気配がない。

そもそもこのマザーボードはBTX仕様である。BTX仕様のケースなんて、自作系のケースを売っている会社は出していない。

それで、Dellという会社がHPと同じようにBTX仕様のパソコンをたくさん出していたので、こっちの箱にも注意しておこうと思い、長らく待った結果、やはりヤフオクでPowerEdge SC430という機種の空き箱が980円で出ていたので、これを落札した(写真参照)。



電源とスイッチ類とファンも付いていた。

品物が届くと早速HPのマザーボードを組み込もうと中を開けてみたら、・・・・・愕然とした。私は、Dellという会社は、たとえATXやBTXであっても、さまざまな箇所に「独自仕様」を持ち込んでいる会社なのだということを、そのときはまだ知らなかったのだった。


Posted by バウンドヘッド - 2015.03.28,Sat
ヤフオクでパソコン関連のガラクタを買っていると、はじめから壊れているDVDドライブが付属して送られてくることもよくある。

以前なら捨てていたところだけど、最近は違う。

たとえば、ミニタワー型のケースの場合、5インチベイが2つに、3.5インチベイが2つというのが多い。そういう場合、3.5インチベイのひとつをフロッピーディスクドライブやカードリーダーに使うと、ハードディスクをもう一台増やそうと思ったときに、5インチベイを使うしかなくなる。

だけど、中古品のケースの場合、そもそも5インチベイの表の蓋がなくなっている状態で売りにだされている商品も多いわけで。

蓋がある状態なら、専用の金具(下写真参照)を用いて、5インチベイにハードディスクを装着すればOKだ。





だが、蓋のないケースの場合、どうすれば見栄えを回復し、かつハードディスクを増設することが可能だろうか。

その答は、壊れたDVDドライブの中身を取り出して、底面の鉄板に4箇所の穴を開け、そこに増設用ハードディスクを据えて、これを下からインチねじで固定すればいいのだった。インチネジは頭の部分が平べったいものを使うとなおよい。ケースによっては下がつっかえる場合があるのでね。今回写真に写っているのは、標準的なHP製のインチネジ。

実際、私はAlritのプレートのはってあるミニタワーケースの5インチベイをそのようにして利用している。

写真の左側の列は、IDEのハードディスクを入れたもの。右側の列は、SATAを入れたDVDドライブのケースだ。




下写真の右側のミニタワーのケース、5インチベイの上から2番目が実は「一見DVDドライブに見えるが、その実、ハードディスクケース」である。





もしアナタがパソコン改造マニアで、かつ壊れたDVDドライブが家にあり、処分に悩んでいるならば、こういう改造を行ってみてはいかがだろうか。

ちなみに、鉄板の穴あけに使ったのは、100円ショップで売られているドリル類である。「自分は電動ドリルを持っていないから改造できない」と思いがちだった人も、実はほんの数百円の出費で「手動回転」で穴を開けることができるんですよ。



ちなみに握りの部分だけは、もともと家にあったものだけど、小さいものからいろんなサイズのものを順番に使っていけば、薄い金属板くらいは手動回転でなんとかなりますよ。プラスチックの穴あけには、これも100円ショップで売っているルーターを使っている。最近ずっとハマっているDell PowerEdge SC430ケースの改造には結局本格的な電動ドリルは使わなかったよ。


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[04/01 バウンドヘッド]
[04/01 トロロ]
[08/07 バウンドヘッド]
[08/06 えな]
[06/19 たく]
プロフィール
HN:
バウンドヘッド
性別:
男性
自己紹介:
一応ロックファンですが、でも実は70年代のアコギものLPもよく家で聴いてます。邦楽だと日暮しの『ありふれた出来事』、洋楽だとアメリカの『名前のない馬』が、私のイチオシ・アルバムです。
e-mail lexxforward@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]