忍者ブログ
[159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149
Posted by バウンドヘッド - 2012.11.08,Thu

日本のホラーコンテンツの発展を振り返ってみると、スウェデンボルグが霊界日誌で書いている怪奇現象と似た現象が----これらをわれわれはここ日本で「心霊現象」と呼ぶようになったが----日本人の近代怪奇表現の中で文章にせよ、語りにせよ、映像表現にせよ、これでもかというくらいに提示されているのに気がつかされ、一種奇妙な気分になる。

スウェデンボルグはヨーロッパの白人のクリスチャンであった。だが彼の報告を「商業表現」のなかでしっかりと受け継いで、小説や映画やテレビドラマに仕上げているのは日本以外にはないのではないか、と思う。以下具体的に見ていこう。

-----------------------------------------------------------

(1)悪霊は人間に痛みを起こす

私は悪霊がやってくるときには体に強烈なふるえが起き、そのためにベッドから転げ落ちたことが何度もある。そして、そのように霊がやってくるときは私の心臓、あるときは肺、口、目、手足などにやってくる霊によって、体の違った部分にさまざまな反応が起きたものである。


(2)悪霊は人間を病気にする

病気の中には霊がからんで起こす病気も少なくない。これも霊が肉体に影響を与えるからだが、これらの病気の原因が霊だということは、霊を患者から去らせてみるとすぐに病気が治るのでよくわかる。私自身は病気とは無縁の生涯を送ってきた。しかし、霊の影響で吐き気とか発熱とかいろいろな症状を起こしたことは何度もある。ひとつだけ面白い例でこんなのもあった。何年も前のことだが、私は霊の影響でひどい吐き気に見舞われ、ものが食べられずにこれでは命も危うくなるのではないかとさえ思ったほどであった。

私はこのほかにも、人間だったときに体に問題のあった人物たちの霊が人間のところにやってくることによって多くの病気を起こす実例を何千と見てきている。


(3)悪霊は悪臭を放つ

私はこのときひどく嫌な臭いで苦しめられ吐き気が続いたが、やがてその悪臭の原因が霊にあるのに気づいた。問題の霊が見えてきたからだ。霊は何人もいたが、彼らと話してみてわかったのは、彼らはみんな人間だったときに仕事もろくにせず、うまい物を食べることだけを楽しみにしていた者たちだったということである。それで死んでからは悪臭を放つ霊になったのであった。

今にも死ぬかと思われたほどの、胃からのきわめて激しい嘔吐を引き起こさせるような性質をもつ霊たちが、私のもとにいた。それはほかの霊たちを失神させてしまうほどの悪臭を放つ性格のもので、実に生命力が衰弱してしまうほどのものだった。かくて、それはいわば死にいたる失神が伴うものであった。私は、それを生み出したのは私のもとに居あわせた霊たちだったとわかったが、彼らは肉体をもって生きていたとき、どんな仕事にも、家事にさえもたずさわらずに、ただ快楽にのみ、おもに食道楽にのめりこみ、それだけを喜んだことを教えられた。


(4)悪霊は死をもたらす

何かの昆虫のように身動きしないで自分の居所にじっとしている。彼らは主によってしか追放されることができず、もし彼らが追放されなければ、彼らは人間に死をもたらす、といわれた。こうした霊たちが時おり病人のところへやって来ると、病人に死がふりかかることになる。


(5)悪霊は人間の思考に影響を与える

霊が人間に与える影響のうちで世間の人々には一番わかりにくく、もっとも影響としては大きいのは、彼らが人間の考えに影響を与え人間の考えを支配するという現象である。これはもっとも重要な問題である。だが、これはもっとも気づかれにくい。

私は「人間の考えなんて自由自在にこっちの思うままに左右できる。人間の頭脳を占領するのなどはたやすい」という霊にもたくさん会っている。ではなぜ霊にはそんなことが可能なのか? それは一言でいえば霊にはそんな能力があるからだ。彼らは人間に夢を起こし、その人間がまったく想像もできない光景(つまり霊界の光景)を表象という能力によってその人間に見せることもできる。霊は人間の考えを支配する能力を持っているからである。


(6)特に子供を憎む悪霊がいる

悪霊やセイレンは子どもの霊を大人の霊以上に憎んでいる。子どもに危害を加える者には、霊界ではとくに厳しい刑罰が課せられている。


(7)霊は風を起こす

霊は風にたとえられているが、私のもとにいる霊たちが、今、私の顔に吹きかかるとともにやってきた。こうしたことは、今までも、さまざまな機会にきわめてしばしば起こった。何とその風はろうそくの炎や紙切れを動かしさえしたのだ。それは冷たい風であって、私が腕を上げたさいに最もひんぱんに吹きつけ、私を驚かせた。この風の起こる原因を私はまだ知らない。


(8)悪霊はなぜか手で脅す

彼らはとくに、むき出しになったように見える腕を、(状況や目的の)多様性に応じて、さまざまな構えで表象することが許されている。

hands.JPG
















-----------------------------------------------------------

いかがだっただろうか。日本のホラーコンテンツの要素が羅列されていることに、アナタも気がつかれたことだろう。ヨーロッパにおける幽霊大国といえば、もちろんイギリスだ。イギリスでは幽霊の目撃報告が格段に多い。これはむしろ例外といえそうだ。イギリスは日本同様島国で、大陸と切り離され、ケルト文化の伝統を濃厚に受け継いでいたせいなのだろうか。

古代に成立した旧約聖書では「死者との交流を禁ずる」という趣旨の文言が載っている(ちなみにアジアの大陸国、中国では古代に孔子が「鬼神に興味を持ったり語ったりするな」と生者たちに釘を刺している)。自分を敬虔なクリスチャンだと自認している人々は、人前で「幽霊を見た」とは言えない気分もヨーロッパ大陸にはあったのではないか。

そしてその大部分がクリスチャンでもなく、儒教馬鹿にもならなかった日本人が、「見た通り、体験した通りに報告した結果」が、はからずもスウェデンボルグが報告したような現象と似通ってしまったということなのだろうか。

それとも真実は日本のホラーコンテンツの「たね本」こそスウェデンボルグの著作であって、日本の商業人たちがひそかにそれを日本流に翻案したにすぎないのだろうか。

アナタはどう思います?
 

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[04/01 バウンドヘッド]
[04/01 トロロ]
[08/07 バウンドヘッド]
[08/06 えな]
[06/19 たく]
プロフィール
HN:
バウンドヘッド
性別:
男性
自己紹介:
一応ロックファンですが、でも実は70年代のアコギものLPもよく家で聴いてます。邦楽だと日暮しの『ありふれた出来事』、洋楽だとアメリカの『名前のない馬』が、私のイチオシ・アルバムです。
e-mail lexxforward@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]