忍者ブログ
[65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55
Posted by バウンドヘッド - 2009.06.30,Tue

以下の記事は「侵入者」という題で2006/10/11(Wed)に、以前利用していたBBS(廃止済み)上で公開した記事です。今回昔住んでいた家の見取り図を加えました。家賃3万5000円+消費税な一軒家でした。現在はこの家から引っ越しております。
--------------------------------------------------------


現在の家に引っ越して10年くらいでしょうか。6畳4畳半3畳板間の一軒家です。「オレのような貧乏人の家に押し入って、そもそももとから無い金を物色するようなやからはおらんだろー」とそう思って暮らしておりました。

それは今年(2006)の6月5日深夜3時半ごろのことでした。私は南側の大きなサッシ窓のある3畳の板間で(開けると外に出られるタイプの大きな窓付き部屋ですね)寝ておりました。この板間からさらに南に板間(いわゆる縁側ライクな)が続いていて、隣の6畳間に入ることができます。

外に何かの気配を感じて目が覚めました。誰かがサッシ窓の前に立っている感じがします。そしてなんと窓を開けようとしているのでした。網戸を横に引いて「あれ?」とつぶやきました。床まであるカーテンを引いているし、電気は消えていますから、直接姿は見えません。「おい、なんだよ、これ」と心のなかで思いました。声から外にいるのは男だと分かりました。彼はもう一方の網戸のある方へ移動してまた同じことをして「あれ?」と再び言いました。私が寝ていた黒塗りのパイプ式ベッドは窓側の壁に付いています。私は普段部屋を真っ暗にして寝ています。真っ暗闇の部屋の中で、その時ベッドに横になっている私と窓の外にいる彼の間はそのサッシ窓を隔てて30センチくらいだったでしょう。

「うわっ、こりゃいかん。緊急事態じゃ」私はベッドから起き上がって電気を付け、「誰ですか」と外に向かって大声を出しました。しかし返事がありません。その男はさらに玄関の方へ移動して、今度はドアのノブを回し始めました。「ガチャガチャ、ガチャガチャ」。
61e17e34.jpg













 

「誰ですか、警察呼びますよ」と言いましたが、やはり返事がありません。「ピンポーン」と夜中の3時半に自宅のチャイムがなります。

「こりゃ、ほんとにやばい」と思った私は携帯で110番しました。今履歴を確認すると3時40分になってます。「玄関に変な人がいます。たぶんよっぱらいだと思います。きてもらえませんか」と私は連絡しました。その間もガチャガチャとドアノブは盛んに音を立てるし、何度もピンポーンとドアチャイムが鳴る。「あ、確かに聞こえました、チャイムの音ですね」「変でしょう。こんな夜中に。しかも呼びかけても相手は返事をしないんですよ」「じゃ、すぐ向かわせますから、絶対にドアを開けないでください」

電話を切って私は警察を待つことにしました。ピンポン、ピンポン、ピンポンとチャイムの鳴らし方が激しくなり、ドアノブのガチャガチャ音もますます激しくなります。(まるでホラー映画みたいだな、とその時私は思いました。)しょうがないので、警察がくるまでコーヒーメーカーでコーヒーを1杯作って、掃除用の重くて長い柄の付いた雑巾挟みを手に持って2メートルぐらい離れてドアの前に私もずっと立ってました。時々ズズズーとコーヒーをすすりながら。「もし窓とか破って入ってきたら、ぶちのめしてやる」と一応覚悟決めました。

警察がやってきました。玄関の外で「こらこら、あんたそこは人ん家の玄関先じゃが」などと言っています。「自分とこん家はどこけ?」などと言って男を引っ張っていきました。

後からもう一度警察官の方二人がやって来られて報告にきたので、やっとドアを開けることができました。なんでも透析を受けている40代の男の人で、薬のせいでときたまあんなふうになるんだと当人の家人に説明を受けたそうです。

「でも、なんでウチなんでしょうねえ。家の形似てますか」と聞き返すと、「えっ、あー、特に似てなかったですねえ」「10年ここにいますけど、こんなこと今まで一度もなかったですよ」と私。「当人によると助けを求めていたそうです」「えっ、助けを求めていた」

.....どうも警察の言うことも分かりません。助けを求めていたなら「声に出して助けを求める」でしょう普通。ですがその人は私が中から呼びかけてもまったく答えず奇妙な振る舞いばかりを繰り返してました。けれども私は彼が「あれ?」と2度つぶやいたのを聞いているんです。出そうと思えば声はでるはずなんです。

透析の薬の影響で彼は一種の夢遊病者状態に陥っていたとその警察官は説明しました。

なんで私の家に侵入しようとしたのかいまだによく分かりません。それに実は私その人の顔をついに見ずに終わったのでした。夢遊病状態のその男を連れていった時、家人から「あとであやまりに行きたいから家を教えてほしい」と言われたそうですが「いや、いいですよ、お母さん、私の方でうまく話をつけておきますから」とその警察官は私の家の場所を教えなかったそうです。(おいおい、なんでだよー)。

そういうわけで、

「見るからに貧乏くさい家」にも侵入者はやってくる

という「新たな教訓」を私は得たのでした。時々帰宅しても玄関のドアの鍵を開けたままなことがあった私もいまではちゃんと帰宅時に鍵をするようになりました。

私の家は確かに微妙に変なことの起こり続ける家であります。だからといって「もうここにはいられない」と感じるほどの恐怖感を感じたこともないので----むしろなんかその「微妙さ」が面白いというか----そういうわけでずっと住み続けてます。

この話、事件直後に一度書こうかと思っていたんですが、いまごろやっと話す気になりました。
--------------------------------------------------------

p.s. 横になっているのがオレです。なんか死体みたいな感じに見えます。テレビの犯罪報道とかでよくこんな図像を見ますね。  

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[04/01 バウンドヘッド]
[04/01 トロロ]
[08/07 バウンドヘッド]
[08/06 えな]
[06/19 たく]
プロフィール
HN:
バウンドヘッド
性別:
男性
自己紹介:
一応ロックファンですが、でも実は70年代のアコギものLPもよく家で聴いてます。邦楽だと日暮しの『ありふれた出来事』、洋楽だとアメリカの『名前のない馬』が、私のイチオシ・アルバムです。
e-mail lexxforward@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]