忍者ブログ
なんだか最近ちょっとだけやる気になってきました。せっかくいらっしゃったのですから↑のboundheadをクリックして最新記事も見て帰ってくださると幸いです。
[1] [2] [3
Posted by バウンドヘッド - 2007.03.21,Wed

この体験はたぶん小学校5年生のときのことだったと思う。71年か72年頃の話である。私はランドセルをしょって、ひとりでてくてくと自宅へ帰っている最中だった。いつも通る勝手知ったる帰り道だった。でもその日は何かが微妙に違ってた。私はふと後ろに気配を感じたのである。振り返ってみた。40歳から50歳くらいに見える灰色のスーツ姿の男が私と同じ道を同じ方向へ歩いているのに気がついた。来た道も進行方向も、路上にはずっと向こうまで見渡しても私とその男だけしかいない。最初は「なんだ、大人の人か」と思って、またそのことは忘れ家路を普通にてくてくと歩き続けた。だが奇妙なことに気がついた。その灰色のスーツの男はそれからも一定の距離をおいてずっと私のあとを歩いてきたのである。私の心に「はっ」とする感覚がわき出た。私は少し不安を感じた、「あの男はボクのあとをついてきてるんじゃないか」と。ここからは私の家まで一本道、ずっと歩いていけばもうほとんど自宅だったが、「このまままっすぐに歩いていてはいけない」という感じがした。「そうだ、もうすぐMくんの家が見える」……私は幼なじみの4年生のMくんの家が目の前にあることに気がつくと、「あともう少し、あともう少し」と心に言い聞かせながら、動揺している様子を見せないようにして歩き続けた。いよいよMくんの家の前まできた。私はまるでそこが自分の家であるかのように何気ない様子で彼の家の門を入った。そして庭に入ると同時にダッと駆け出し、そのままMくんの庭の敷地をつっきって彼の家の裏手に回って物陰に隠れた。Mくんの家には誰もいないようであたりはしんとしていた。「男は行ってしまっただろうか」と、その物陰からそっとうかがうと、なんとその灰色のスーツの男が、この家の門を入ってくるところだったではないか。「ああっ、入ってきた!」(恐怖感がさらに増していく。)そして庭の中をうろつきまっている。それを見たときほど、怖かったことはない。「いったい、何の用でこの人はボクの後をついてきたのか。誘拐事件とかあるけど、ああ、こんなことってほんとにあるんだ」と思った。心臓がドキドキといっているのが聞こえた。

私はそれからたぶんMくんの家の裏手に30分くらいもじっと動かないで隠れていたと思う。長い長い時間が経過したと思った頃、私はもう一度物陰から顔を出して、男がいるかどうかを確認した。と、その灰色のスーツの男はいなくなっていた。Mくんの家は今ではめずらしくなってしまったが、立ち木の生け垣で囲まれていた家で、裏手も立ち木の生け垣になっていて、その木立の間から簡単に目の前の小さな路地に抜けることができる。このあたりは勝手知ったる小学生時代の私の遊び場だった。私は、そこからは脱兎のごとくに駆け出して、その路地のつきあたりを左に曲がってすぐに自分の家に駆け込んだ。とてつもなく怖い思いをしたが、なぜなんだろう、私は母にも家族の誰にもその日起きたことを話さなかった。自分には奇妙で不思議な体験だった。

40過ぎになって、マスコミで北朝鮮の拉致事件の話がひんぱんに取り沙汰され始めた頃、母に会ったときにテレビで拉致事件を扱っていた。私はそのとき初めてその拉致の話題のついでに「実はさ」ということで「今まで言わなかったけど、実はオレが5年生のときに、誘拐されそうになったことがあるんだ」と話した。「なんで男につけられたのかまったく分からないけど、もし運が悪かったら、オレこの世にいなかったかもしれないよ。あるいはそいつが北朝鮮関係者だったら北朝鮮にいたかもよ」と言ったら、「えー、ほんとねー」と驚いた顔をされた。小学生時代にもいくつか「トリビアル怪異」体験があるが、この体験もまた私のトラウマ体験となって今日にいたっている。皆さんにもこのような怖い体験はあるだろうか。

28e2a236jpeg
















イメージ図。実際の男はもっと歳とって見えました。

PR
Posted by バウンドヘッド - 2007.03.18,Sun
今住んでいる家の中で起こったトリビアル怪異体験、あとひとつ書いて置こうと思います。

現在のテレビ(29型)の2代前のテレビ(21型新品)を使用していたころの話です。このテレビが壊れたあと、すでに当ブログでご紹介した、リモコンでスイッチを消しても、ぼんやりと人の顔のようなものが浮かび続けるテレビ(29型中古品)をしばらく使っておりました。

今の家に引っ越してきてからしばらくすると、何も手を触れていないのに、その21型テレビが突然「シャー、チッ」と音を出して9チャンネルの砂嵐画像に切り替わることがありました。「えっ、なんで?」と思いましたが、その日はそれで終わりました。

ところがその後、その現象が再び起きるようになったんです。昔、トラック運転手たちの使う無線機の電波でストーブが誤作動して火事を起こしたというようなニュースがあったのを思い出して、どこかから、間違った電波が来て誤作動を起こしてるんだろうかとも思いました。

体験の記憶を忘れかけたころにまた突然「シャー、チッ」といってチャンネルが切り替わります。チャンネルを見ると、また画面に「9」という数字が右上に黄色文字で浮かんでいます。「あ、まただ。なんでなんだろう。なんで放送していない9チャンネルに切り替わるんだろう」と思いました。そしてきっとリモコンの接触不良のせいなんだろうと思うことにしました。そういうことが何度も続きました。予期しないときに「シャー、チッ」です。

その切り変わりは、よそ見をしているときに起きることが多かったように思います。もしこの体験だけだったら、リモコンの接触不良という説明で合理化できたはずなんですが、ある日、ビデオデッキで借りてきたビデオを見終わり、そのまま地上波放送をビデオからモニター画面に流したまま、ほうっておいたときのことです。テレビがまた「シャー、チッ」と音を立てて砂嵐画面に切り替わりました。「えっ」と振り返りました。そしてすぐにビデオデッキのチャンネル表示を確認しました。

すると、なんということでしょう。ビデオデッキのチャンネル表示が「9」になっているじゃないですか。「えっ??? これって何?」と思い、ぞっとしました。というのも、テレビ用のリモコンではこのビデオデッキは操作できないからです。

この「ビデオデッキ・チャンネル9体験」はたった一度だけでしたが、それまでの私の「合理化説」をみごとに打ち砕いてくれました。ビデオデッキからの映像が「シャー、チッ」と音を出してテレビのモニター画面が9チャンネルに切り替わったので、私は、テーブルの上にテレビに向けて置いてあったビデオ用リモコンの上で手のひらをかざして、動かしてみました(今思うとなんでそんなことをしたのか分かりません)。すると、手をさっと横に動かすたんびに、「シャッシャッ」と音を立ててビデオデッキ側のテレビ受信チャンネルが切り替わっていきます。

「ええー、なんなんだ、こりゃー、うーん、 結構おもしろいかも」と思いました、「なんで手のひらをリモコンの上で動かすとチャンネルが変わるんだ」と。しばらくチャッチャッチャッと遊んでいました。で、もと見ていたチャンネルに戻したんですが、そのあとは同じことをしても、もうチャンネルは動きませんでした。

後になって職場で「リモコンの上に手のひらをかざして動かすと、ビデオのチャンネルが勝手に変わっていったんだよ」と話したら「えー、アンタの手のひらから電波が出ていたんじゃないの」とありえない返答されて困りました。

その後ときどき、ビデオデッキのリモコンの上で手のひらを動かしてみましたが、もうそのようなことは起きませんでした。しばらくはそのテレビを使っていたのですが、ある日突然テレビが映らなくなったので処分しました。それ以後リモコン事件は起きておりません。

そして、例の「顔画像の浮かぶ中古テレビ時代」へ移行します。そしてこれも処分しました。今のテレビでは、なにも変なことは起きておりません。

この家に引っ越す前には、ガラスの入った台所の入り口にある引き戸がガガガガと振動したということも書きました。写真は同種の引き戸。

TS2B0039.JPG
















電気製品の誤作動では、カセット・デッキがあります。エンドレス・モードではなく再生が終わったら止まるモードで聴いていて、再生が止まったのでそのままにしていると、長い時間がたって突然、ガチャンと音を立てて再生ヘッドが上がりテープが回り始めました。その頃はステレオセットに背を向けてパソコン通信をしていた時代です。「えっ」と振り返りました。それから日をおいて再生中に突然テープがキュルキュルと音を立てて高速回転しはじめたり、速度が遅くなったり、勝手にガチャンガチャンとリバースしたりしだして「ああ、もうこりゃあ寿命だな」と思いました。でもこちらが操作していないのに「勝手に操作を始める機械」ってやはりコワイものがありますよ。このデッキもいまは処分してありません。しかし勝手にチャンネル9に変わっていたころのテレビに付属していたリモコンは記念のためにとってあります。写真はそのテレビ用リモコンとビデオデッキとそのリモコンです。いたって普通の機材です。

TS2B0048.JPG
















Posted by バウンドヘッド - 2007.03.13,Tue
前回に引き続いてさらにオマケ写真

以下の写真は奇妙な画像が私の顔の上にかぶってしまった絵。私はVIXというフリーの画像管理ソフトを使っているんですが、この絵はサムネイル(一覧表示)時にのみ現れて、この写真をクリックして画像を元のサイズに拡大して見るときは、別画像がかぶっていない普通の私の顔写真になってしまうという不思議な事態になっていた時分に「なんじゃこれは?」とプリント・スクリーン・キー→ペイント・ソフトという流れでそのサムネイル画像を切り取って「証拠写真」としたものです。

そのときのサムネイル一覧には画像下と右に出てくるような人物写真はありませんでした。「いったい、この2つの顔はどこから現れたんだ?」と悩みました。パソコン内には該当する写真はそもそもないんです。ということでこれも「トリビアル怪異」体験の仲間に入れることにしました。よく見ると二人の顔の他にもなんだかよくわからない絵が私の顔の横にひっついてます。

その後パソコン自体を再セットアップをしているので、VIXがバグるというようなことは今は起こっていません。

いったい、このVIXのソフト内で起きたバグってなんなんでしょうねえ?

pic002.jpg









Posted by バウンドヘッド - 2007.03.11,Sun

宮崎市にいた20代の頃の違和感体験、どうしても「あれは何だったんだろうか」とことあるごとに思い出し忘れることができない一瞬の体験がもう一つあります。南宮崎駅の階段を駅舎内に向かって登っている最中の出来事なので、まだ車を持っていない時期の話です。当時私は、地元の延岡市に帰るときは列車を使っていたからです。

私は駅の階段を登っているところでした。たぶん夕方のラッシュ時で、といっても田舎の駅ですから数はしれているのですが、それでもかなりな数の集団が列車から吐き出されたあと、駅の広場へ向けてかたまりになって階段を一斉に降りてきました。

私は駅舎内部へ向かう組でしたが、上へ向けて登っている人はごく少なかったと思います。降りてくる人々と体が触れ合うほどに混み合っていました。私は何気なく前からやってくる女性に目を上げました。するとその人の顔の左半分はただれ果てていて、色はまるでくすんだ青いメタリック色をしており、その部分全体をなにかこうぶつぶつとふくれあがったものが覆い尽くしていました。

ものすごいショックを感じました。彼女の周りの人々はごく普通に降りてくるし、私はこの衝撃の意味を後ろから登ってくる他人の顔を見ることで確かめようと、私の後に続いて登ってくる登り組の人々を振り返ってみたのですが、皆すれちがっているハズなのに、知らん顔をしています。「あ、自分だけがショックで頭がぐるぐるしてるのか。なんでこうみんな平気なんだろう」と思いました。というより、誰もいちいちすれ違う相手の顔なんぞ見ないのかもしれませんが、私は見てしまったんです。

metalwoman.jpg
















イメージ図。乗降客とともに階段を降りてくる女図
(すんません。まったく似てません。本当はこんなんじゃなかったです。)

そしてそのものすごい顔の様子にどきどきしながら、こういう場合の受け止め方として正しいと思った道徳感覚に回帰して「この女の人は顔を隠さずにこの姿で列車に乗って降りてきたんだ。なんて勇気のある人だろう」と思いました。この体験はあまりにも強烈だったので、あとで「あのな、南宮崎駅で、こういう女の人とすれちがったんだよ。でも驚いているのは、なんかオレだけで、非常に不思議な感じがした」というようなことを友人の家に行ったときに話ました。「へー、そんな人が。気の毒になあ」とその友人は感想を述べました。

でも私はどうしてもあの顔が忘れらません。その顔は、そのメタリックな青い皮膚と浮き上がったぶつぶつは、どこか本物とは思われず、なにかこう映画かなにか用にほどこした特殊メイクのような感じがして、いまだにその感じが払拭できません。「特殊メイクをほどこして歩き回っている女の人がいた」そう思うほうが、私にはどこか心が合理化できるというか安心できるというか、いまでもそんな感じです。掲げたイメージ図ですが、実は、はっきりしません。大きくて丸い顔だったような気がします。その女の人は実際には人込みに紛れ込んだ姿で、表情なくうつむいて降りてきたので、こんなに「自己主張的な姿」で私の視界に映り込んだわけではないんですが、一瞬のすれ違いの合間に、私がたまたまその人の顔を見たということなんです。私は画面の左側下から階段を登って彼女とすれ違ったんです。 

この南宮崎駅の前を走る道が、私がブログで言及した片側2車線道路です。「国道に寝ころがる男」は、この駅のすぐ向こう側の道路で寝ころがっていました。そしてその先の交差点を右に曲がると「遮断機心中未遂の男女」を見た路地に入ります。当時の南宮崎駅前周辺は私にとって怪異に満ちた場所だったんだなあと、今あれこれ思い出してみて改めて思いました。ただ思い出すたびに最後にはふと、「あれらは本当は、生身の人間との遭遇だったのだろうか、自分は普通だったら見えないものを見ちゃったのかもしれない」などと思ったりもするのであります。

オマケ

070307_1830~01.JPG
















私の家の柱には「ゆうれい ゆうれい」と書いたひっかき傷のようなものがあると、昔書きました。以下参照URL.

http://www.nobeokan.com/hyakumonogatari.htm

現在私は、その柱の前に電話を置き、その隣にパソコンをおいてます。顔を上げればいつでも、「ゆうれい」の「ゆ」の文字を見ることができます(写真をクリックして確認してね)。以前の公開写真は以下。

yureiyurei.jpg
















やらせではなく、ほんとに気がつくとそこに刻んであった文字であります。(写真、よく見ると『ダーク・エンジェル』ファースト・シーズンのパンフレットが見えたりしているところが、ちと恥ずかしかったりします(でもジェシカ・アルバっていい女ですよね)。張り出し窓にあるあれこれの小物類と、つってあるズボンが生活臭。

まだまだ「トリビアル怪異」体験はありますが、ひとまずこのシリーズはおしまいにします。ここって「音楽ブログ」でした。

Posted by バウンドヘッド - 2007.03.10,Sat

「最近家で何か変なことあったあ?」と聞く人がいたので、「いやー、最近はとんとないねえ」と答えるのが常な日々だったわけでですが、あまりにもタイミングのよい「2回半停電事件」で、ひさびさ「目が覚める思い」をさせていただきました。

まあ、それがただの偶然の積み重なりに過ぎなかったにしても、です。

次の奇妙な話は、今から2年くらい前の時期でしょうか、妙に体の表面をすっとかすられる感じがすることがありました。頭髪の先端をてのひらでなぞられる感じがする(どういう感じかあなたも実際に自分の髪の端っこを自分のてのひらでごく軽く触れるか触れないかくらいの感じでなぞってみてください、そんな感じです)。あるいは親指と人指し指の爪の先のごくごく先端部だけを使ってピッピッと全身のいたるところをつねられるような感じを腕やら脚やらに感じる、そういうことがございました。

「はて、もしかしてこれは糖尿病の兆候か」とも思いましたが、あるとき決定的な体験をいたしまして、やはりこれは何か説明のつかん事態や、と思いました。

そういう何か触れるか触れないかくらいのかすかな感覚あるいはピッとつねられるような痛みをよく感じていた最中の話です。たぶん隠しカメラをしかけて私の姿を撮っていたら、私がいかに無意識に手を頭に当てて、蚊か蠅を払うようなしぐさをしたり、手足をさすったりしていたかがよく分かったと思います。

ある夜、ソファーに座ってテレビを見ていたら、右の前腕部が急にひりひりするような痛みを発するようになりました。それまでは、お話した通り、軽くなでられるか、ごく軽い感じの「爪の先でつままれる感じ」を体験していた最中だったのですが、今度のは、始まるとその右腕の痛みの感じが大きくなり、しかも持続しました。「おーっ、痛てえ、痛てえ、いったいこれ何?」と思いながら、私は痛む右腕を眺めながら、「痛みを観察しながら」前腕部を眺めていました。

眺めると言っても、そのとき私は実際にはネイビーブルーのボタンダウン・シャツを着ていましたら、シャツの青色を通して、痛む箇所を眺めたわけです。

それで「あー痛てえ、もーいい、もーいい」と我慢をやめ、シャツの腕の部分をまくりあげて、その痛む箇所を眺めてみたら、なんと赤い小さな血豆のようなものが3つポツポツポツで出来ている。赤い点と点の間は8mmくらい、それがまっすく3つ並んでいます。「なんじゃー、こりゃー」と思いました。

threestars.JPG
















もちろん虫によってできた傷ではありません。虫が這うような感じではまったくなかったし、また実際に腕をまくっても虫なんぞいませんでした。

「痛みの原因は、これか……。しかしこれ何?」と思いました。今はその点のポツポツも小さくなりましたが、今でもその3つの赤い印を見ることができます。「こんなんが現れた」と言って何人かの人にも見せました。

最近は、とんとそういう系統の感覚には遭遇しませんが、いまもって「起きたことの意味が不明である」ということに変わりはありません。

Posted by バウンドヘッド - 2007.03.09,Fri

この体験は、私が就職して2年目に出会った「奇妙な体験」です。私は当時トールボーイというキャッチコピーで宣伝されていた普及版タイプ(ターボじゃないやつ)のホンダ・シティ(白ボディー)の中古車を買って通勤するようになっていました。

それは、私が職場からの帰宅途中の夜のことでした。夜の11時前だったと思います。そのとき車は私以外走っておりませんでした。前回のエントリーにも出てきた片側2車線道路を走っていると、車のライトに照らされた道路正面の向こうに、大きくて黒い固まりのようなものが転がっているような気がしましたので、「何だろう?」と私はブレーキを踏んで減速しながら、ゆっくりと車を近づけていきました。

するとライトの明かりに照らしだされたその黒い物体とは、なんと「黒い服を着て仰向けに寝ころがっている男」だったんです。

「わっ、何で人が道路の上に寝ころがってんだ」と思いながら私はさらなる減速と同時に、左側車線へと車線変更をしました。そして、その寝ころがっている男の姿を車の窓越しに観察しながら通り過ぎ、次にサイドミラーで後ろの様子をちらちらと確認しながら運転していると、なんといままでそこでじっと動かなかった男がむっくりと起き上がり、さらに中央分離帯を横切って反対側車線へとスタスタと歩いていった模様です。おそらくそのまま路地に入って住宅地に消えていったに違いありません。(でももし男が起き上がらなかったらきっと車を止めて、その男が生きてるかどうか確認に戻り、同時に道路から退避させたと思いますよ、「踏み切り心中未遂事件」ではショックで固まってしまった薄情なワタシではありますが。)

遠くから見た姿が黒く見えていたのは、その男の衣装が黒ずくめだったからです。本物かニセモノかわかりませんが、黒革のレザータイプの上着に黒いズボン姿だったと思います。

「ふー危ねえ。あいつ、自分を誰かにひき殺してもらおうと思ってアスファルトの上に寝ころがっていたんだろうか。でも何でオレなんだよ」と思いながら、その夜は、いつもにもまして細心の注意を払って自宅へとたどりつきました。

「国道寝ころがり男自殺説」というのは、そのときの私なりの合理化説なので、その黒ずくめの男はいったい何のために、そんなところに寝ころがっていたのかほんとのところは分かりません。あるいは酔っぱらって、たまたま道路の真ん中をベッドだと思い違いして寝ころんでしまっただけなのかもしれませんが。でも私がよけるとすぐに、むくりと起き上がってスタスタとよそへ移動したのが妙です。

でも「なかなか出会えない経験をさせてもらったな」とあとになって思いました。

(以下イメージ図。画面上をクリックして拡大してご覧ください。過去に投稿したイメージ図同様、windowsのペイント機能を使って描いております。はなはだつたないです。)

lyingman.jpg












Posted by バウンドヘッド - 2007.03.08,Thu

私が大学を出て最初に働いた場所は今住んでいる延岡市ではなく、宮崎市でした。就職した当初は、まだ車を持っていなくて、原付バイクに乗って通勤していました。この体験はその時期の話です。

ある夜仕事を終えて帰宅途中の話です。私は当時宮崎市の南部、南宮崎駅の裏手の3階建ての鉄筋コンクリート仕様のアパートの3階の東側の端っこの部屋に住んでいました。6畳部屋と3畳フローリング兼台所、ユニットバスのアパートで、20年以上前のことですが、確か家賃は1万5千円だったと思います(のちに車を買ったので近くに5千円で駐車場を借りました)。夜帰宅してくつろいでいると、深夜になって隣の若い女性の部屋に男がやってきて、しばらくすると、アン、アンという声が聞こえてくる。「おまいら、オレの隣で何やっとるんじゃー」というような非常に腹立たしいアパートでした(鉄筋建てなのになんて壁が薄いんだヨ)。向かいには2階建てのアパートがあり、そこはどんな住人が住んでいるのかよくはわかりませんが(おそらく中年の夫婦者です)、夏など女の叫び声にも似たアノ声が聞えてきて、「いったい、オレはなんちゅうところに越してきたんだ」とトホホ感覚で2年間過ごしました。(ときに無言電話がすでに始まってます。)私の真下の住人がこれまた非常識極まる野郎で、夜中12時過ぎても、ドンガ・ドンガ・ドンガ・ドンと、とんでもない大音量でステレオをガンガン鳴らし、寝られやしない。我慢に我慢を重ねたあげく、ついに直接行動に出ようと階段を降り、そいつの部屋のドアの前に立ってピンポンを鳴らしましたが出てきません(聞こえなかったのでしょうか。音はドンガドンガと鳴っています)。で、ドアの前で「すんませーん」などと大声出しても、いっこうに出てくる気配がない。仕方がないので、一階まで降りてアパート下正面の庭地に立って2階を見上げながら「こらー、うるせーが、夜はアンタだけのもんじゃねーぞ」と大音声で呼ばわったら、ボリュームが下がりました。それからはヤツは気をつかってくれるようになりました。しかし、結局私がこのアパートを引っ越すまで、その非常識野郎の顔を見ることはついにありませんでした。

そういう暮らしをしていた時期の話です。ある夜、私は仕事を終えて原付バイクに乗って帰宅途中でした。その日は小雨が振っていた夜で、私は白のフルフェイス型のヘルメットを被り、紺色のカッパに身を包んでバイクに乗っていました。ヌカヌカヌカと、こぬか雨が降っている夜です。

私のアパートは線路の南側にあったので、踏み切りを一度渡らないと帰れません。片側2車線の大通りを曲がって細い路地に入るとその先は踏み切りです。遮断機がカンカン、カンカンと警報を鳴らし始めました。前を見ると、40代くらいの男と30代くらいの女が腕をつかみ合って、なにやら喧嘩をしている様子です。男は女の腕を取って「来い、来い」といいながら道の先に引っ張って行こうとしています。女は「いや、いや」と叫びながら男の腕を振りほどこうとしておます。今思い出すと、私はなぜか遮断機の前で道路の右側にバイクを止めていたような気がするのですが、それはその男女が道路の左側で遮断機に近づきながらもみあっていたのを避けるためだったのでしょう。私は「痴話喧嘩か、いやだなー」と思いつつ、まだ来ない列車が早く通りすぎ、遮断機が上がってくれればいいと思いながら、待っていました。

shinju.jpg


















ところが奇妙なことに気がつきました。その男は女の腕をつかみ、遮断機が鳴っている踏み切りの中へ女を引っ張りこもうとしていたのです。「えっ、心中」という考えが思い浮かびました。この男女はまったく私のことなど気がついていないかの様子でした。「どうしよう、どうしよう。列車が来ちゃう」と焦りました。いまから思うと行動力のなさが情けないです。私はバイクを投げ出して止めに入るような振る舞いはついにできなかったのです。ところがです、気がつくと「こら、またんか」と言いながら50代くらいの小太りの男性が後ろからすすすっとやってきて、遮断機のこちら側に彼らを引き戻しました。その直後、列車がガーと大音声を立てて通り過ぎました。

「ああ、よかった」、ショッキングなシーンに遭遇してまったく動けない状態だった私は、ほっとして遮断機が上がるとそのまますぐ近くの自分のアパートに戻ったのでした。もしあの「止め男」がいなかったら、私は警察の事情聴取を受けるハメになっていたかもしれないというような話であります。

次回も、もうひとつこの頃の奇妙な体験をお話します。

Posted by バウンドヘッド - 2007.03.06,Tue
(停電はやめてね。)
(誰に言ってるの?)
(さあ?)

と前回のエントリーの結びで訳もなく書いた。つい数時間前のことである。このエントリーを書き終わってから、レンタル店のゲオに行き、『実録心霊シリーズ撮影現場』と『渋谷怪談サッちゃんの都市伝説2』を借りて、帰路コンビニに立ち寄って買い物をし、自宅に着くと、赤貝の缶詰と100円スルメとバターピーナツを肴にビールを飲みつつ、ホラー映画『隙魔』のメイキングである『実録心霊シリーズ撮影現場』を見ていた。

外は折からの低気圧で爆風が吹いている。風は寒くないのに「音」自体は冬の「木枯らし」のような音を立てている。DVDを見始めて「撮影4日目」の箇所に入り、「怨霊の姿が」と言う部分でまたバチンと停電した。時間は0時35分前後だったろうか。

「うーん、またやられた」と思った。「停電はやめてね」と言ったのに。今回は前回の経験からブレーカーのせいじゃないと直感したので、6畳間の窓を開けて外を見た。外の街灯も消えている。原因はまた外からである。昨日持ち出した懐中電灯は元の場所に戻していなかった。それでその懐中電灯を探して暗闇の中を手さぐりで探しまわったが、ついに見つけることができなかった。時間がとても長く感じたが、実際にはそんなに経過していなかっただろう(やっぱり60秒くらいか)。「あー、懐中電灯がみつからない。ちくしょう。ずっと電気が回復しなかったらどうしよう」と思って探すのをあきらめてぽつんとすわりこんだら、電源が戻った。(今度は「なめんてんのかこるらー」とは思わなかった。ほっとした。)

いったい何が起こってるの?

3度めの停電はやめてね。まだDVDぜんぶ見終わっていないんだから。

と書いて投稿しようとしたら、また停電。でも完全停電にはならなかった。電源はいったん落ちそうになったのは確かなのだが、それは半分だけだった。パソコンの画面も消え、蛍光灯も一瞬間消えたので、「ああ、いままで書いてきた記事は全部没になった」と思ったら、すぐにパソコン画面がさっきの状態でそのまま復帰して、今その続きを買いているところ。

ほんと何が起こっているの?

ということで3度目の「半停電」が起こってそれを体験しつつ報告することで追加記事は終わりにしたいと思います。(ほんとイタズラはやめてください。)

Posted by バウンドヘッド - 2007.03.05,Mon
最近の日本のホラー映画あるいはドラマは、視聴者たちの「慣れ」も加わって、いまひとつパワー不足、あるいは息切れ状態になってるかなー、と思う。最近も『ほんとにあった! 呪いビデオ 22』を見たが、「なんじゃこりゃ」的感想しか出ないほどにパワー不足。このシリーズももうおしまいの時期にきているのではなかろーか。

つづいて『着信アリ3』も見たが、やはり「なんじゃこりゃ」的感想しか持てなかった。一緒に借りた『呪霊 2』はかなり奇妙なホラー系ドラマだった。つまり、車の爆発シーンといい、公園のゴミ箱から頭が巨大化していったりして(卓球の愛ちゃんの顔が巨大化したのかと思ったよヨ)、なんかすごく笑ってしまった。ひざをたたいて「なんじゃこりゃ」的笑いである。これはけなして言っているのではなく、制作者側もそういう「笑い的」意図を持ち込んで作ったに違いないという直感からそういうのである。

しかし「怖さ」という点ではどれもこれも、どうにも満足感がない。そこで文庫版がでるまで待つつもりだった『新耳袋』シリーズの第9夜と第10夜をアマゾンで購入して読むことにした。一昨日家に届いたので、昨日の夜までかかって読んだ。やっぱり「読み物」のテイストはいい。

第9夜の第1話を読んで「なんでこの話がここに……?」と思った。この「テレビの買いかえ」という話は、私がした体験とまったく同じだったからだ。この本が出たのは2004年6月26日になっているが、私が「それ」を体験したのは、もっと前の時期である。で、当時持っていたBBSにその画像をアップして、「うちのテレビはこんなテレビです」と紹介したことがあった(いまは処分済で自宅にはない。昔から私のサイトを覗いてくださっている方は下の画像を見た記憶があるハズです。)テレビのリモコン用電源を切っても、一部ぼんやりとゆらゆらと光り続け、その揺れる光がまるで人の顔のように見えたという話である。私の場合、それはいつも起きる現象ではなく、ほんのときたま起きるのだった。テレビ側の主電源ボタンをきると「そういうこと」は起きなかった。

12ec3a2f.gif
















けれども、やはりこれはテレビ製作のメーカーの現場にいる人だったら科学的に説明のつく現象だろうとは思う(私は今のところ理屈はわからないが)。どういう科学的理路があるかはわからないが、たぶん古くなったテレビのブラウン管に特有の現象ではないだろうか。同じことを経験した人物がいるということをおととい新耳袋を読んで知って、ますますそう思うようになった。

この画像をアップした時期に、自分が高校生の頃、体験していた金縛りで、よく足元に現れてきていた、闇の向こう側からせまってくる回転する石盤の像もアップした。それが以下のイメージ図である。(思い出してくれましたか。一部読者の皆さん。)

884d0b51.jpg












金縛り体験は20歳のときに突然終わった。それ以後46歳の今日まで一度も金縛りにはあっていない。しかし、なぜか妙な家に行き合い、そこで「小さな怪異」を味わわされてきたことは今日まで続いている。延岡の今の「奇妙な家」に移る前に住んでいた家は、ときどき台所の入り口にあるガラスが入った格子戸----大抵のアパートにあるやつです----がガガガガガと振動した。初めて見たときは、びっくりした。しかししばらくするとぴたりとやむ。で、日が過ぎ去り忘れたころに、またガガガガガと振動が起こる。そんなことをくりかえすうち、すっかり慣れてしまい、どうせすぐやむからと、引っ越すまでほっておいた。考えてみると、引っ越すころにはそれを「奇妙な現象」とは思わなくなっていた。眠っている時にそのようなことが起きたような記憶はない。昼間に起きることが多かったように思う。そんなふうに、そこでも「トリビアル怪異」はそこそこあったが、今の家ほど奇妙ではなかった。その家でも今の家でも体験したことだが、帰宅した夜はなくて翌日引き戸(今はドア)をあけると動物の死骸が玄関前に横たわっていたこともあった。前の家ではどでかいねずみの死骸で、今の家ではスズメの死骸だった。また今の家は毎年梅雨の時期になると4、5匹の猫に取り囲まれる。

今日こういう話を書く気になったのも、昨夜、その『新耳袋』第9夜を読み終わったあとすぐに「トリビアル怪異」を体験したからである。私は、本を読了した勢いに乗じて、You Tubeに『新耳袋』があるかなと思って探してみたくなったのだった。ビデオはたくさんあった。時間は深夜3時前だった。で、さっそく堀北真希が出ている「幽霊屋敷」というYou Tube上にアップされていたビデオを再生しようとしたのだが、彼女がビデオの冒頭で「幽霊屋敷が」と言ったのと同時に家の中がバチッと停電した。「う、お、うう」と思った。ホラーの恐怖を味わっている最中に突然、家の中が真っ暗闇になった。「うーむ、やられた」と思った。

http://www.youtube.com/watch?v=P-8Oj9CeguQ

しかたがないので、両腕を前に突き出して泳がせながら、闇の中をそろそろとゆっくり台所まで移動し、ブレーカーの場所までくると、てさぐりでスイッチに触ってみた。すると、なんと落ちていなかったのだった。「そうすると停電は外からか?」と思い、玄関のドアを開けてみると確かに隣周辺も電気が消えている。「なーんだ」と思った。

「いったいいつまで続くんだろう。それにションベンしたいんだけど」と思ったが、トイレも真っ暗である。再びパソコンの置いてある6畳間に移動し、ステレオ・スピーカーの支え台の中に置いてある懐中電灯を手さぐりで探した。そしてそれに手をかけてスイッチを押そうとした瞬間電源が戻った。「なめてんのかこるらー」と感じた。

その間およそ60秒くらいのものである。「いまの停電はいったいなんだったんだ」と思いつつ、トイレで用を足し、もう一度「幽霊屋敷」を見ようかとも思ったのだが、またバチっとくるような気がして、その夜はやめにして結局寝たのであった。

この『新耳袋』に入っている「風が入ってうずまく話」も昔、ほっかほっか亭の自動ドアで似たような体験をした。夜、客は私ひとり。で、ぼんやり椅子にすわって自動ドアのガラス越しに外を眺めていると、突然人もいないのにグオーンと自動ドアが開き、さーっと枯れ葉まじりのような風が入ってきて自動ドアが閉じてまたシーンとなった。「え?」……しばらくするとまたグオーンと自動ドアが誰もいないのに開いて、閉じたという体験である。何かが出ていったという感じを残して……。弁当をもらうとき、「あのここは人もいないのに自動ドアが開くってことありますか」と聞きたくて仕方がなかったが、結局代金だけ払って、そのまま家に帰って「あれはなんだったのだろう」と思いながらその弁当を食っただけだった。それ以後何度夜にその弁当屋にいっても同じことは起こらなかった、というような話である。

You Tubeってほんといろいろ「著作権違反画像」がアップされてます。まあ、消される前におもしろそうな話はないか探してみようと思ってます。

(停電はやめてね。)
(誰に言ってるの?)
(さあ?)

カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新CM
[01/11 バウンドヘッド]
[01/11 王島将春]
[12/19 ASD]
[04/01 バウンドヘッド]
[04/01 トロロ]
プロフィール
HN:
バウンドヘッド
性別:
男性
自己紹介:
e-mail lexxforward@yahoo.co.jp
バーコード
カウンター
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]