忍者ブログ
[13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [2
Posted by - 2017.08.20,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by バウンドヘッド - 2007.02.25,Sun
村田和人、パイパーの再発記事のことを書いたばかりだが、なんと元シュガーベイブの村松邦男のアルバムもCD再発盤としてこの3月21日付けでアマゾン等に発売が掲示されていた。うれしい話である。

一度「シュガーベイブ」という70年代のバンドをネットで検索してみてほしい。「山下達郎、大貫妙子、伊藤銀次が在籍した伝説のバンド」うんぬんという説明が頻繁に出てくる。ところが、なぜか、この3人の名前の後に「村松邦男」の名が出てこないことが多いのである。

山下達郎、大貫妙子、伊藤銀次、村松邦男のそれぞれのソロ・アルバムを聴き比べてみると、よくわかることは、ソロアルバムにおいてこの4人のなかでもっともシュガーベイブ・テイストを濃厚に残しているのは、村松邦男なのである。その次にシュガーベイブのテイストを残しているよう感じたのは大貫妙子の初期のアルバム群である。伊藤銀次にはまだシュガーベイブ寄りの味を感じることがあったが、山下達郎のソロになると、1stからしてまったくシュガーベイブ・テイストを払拭している。

だから実をいうと「シュガーベイブ・サウンドの真のクリエーターこそ村松邦男だった」という「あまり大声で語られてこなかった〈事実〉」を、私はここで強調しておきたい。

シュガーベイブの代表曲「DOWN TOWN」の印象的なリフやソロも村松邦男の天才的な演奏アイデアと技能があって初めて成立できたのである。

以下私の所有する村松邦男の三部作LP。

5332d485.JPG















78d7701d.JPG















5b174b4a.JPG
















検索をかけたら、村松邦男のファンサイトも見つけた。40代の主婦がやっているかなりこゆい内容を持つサイトである。本人もバンドをやっていらっしゃる。ときどき、こんなふーに「ぶっとんだ女(ひと)」が見つかるので、ネットはおもしろいです。

http://www.geocities.jp/emiry0326/kuniomuramatsu1.htm

こちらはさすがは主婦ならではの発想。シュガーベイブの『ソングス』のジャケット絵をかたどった「ソングス弁当」。もうこれだけで私はKOされました。

http://www.geocities.jp/emiry0326/doYoubelieveinmagic.htm

p.s.「いにしえ」「すてきなメロディー」プレイヤーズ王国で公開されました。(別に聴く必要はありません。)
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[04/01 バウンドヘッド]
[04/01 トロロ]
[08/07 バウンドヘッド]
[08/06 えな]
[06/19 たく]
プロフィール
HN:
バウンドヘッド
性別:
男性
自己紹介:
一応ロックファンですが、でも実は70年代のアコギものLPもよく家で聴いてます。邦楽だと日暮しの『ありふれた出来事』、洋楽だとアメリカの『名前のない馬』が、私のイチオシ・アルバムです。
e-mail lexxforward@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]