忍者ブログ
[95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85
Posted by バウンドヘッド - 2010.04.03,Sat
今日、たまたま、当ブログでも紹介したワンセグ・チューナーでNHKの「無縁社会」(再放送)という番組を見た。

そこで何度も流されていた曲に聴き覚えがあった。「ああ、これはウィンダムヒルが出している麗というアルバム中の1曲じゃないか・・・・・」。

そこで自宅に戻ったあと、ひさびさ「麗」を取り出してCDを聴いているところなのだった。曲名はアルバム10曲目の「The Lure of Silence 」。You Tubeには全曲ではないが、このアルバムの曲がアップされていた。ヤフオクにも出てる。

1b0d7e02.jpg1. Rizzo - Mitchel Forman
2. Time and the River - Fred Simon
3. Water Trade - Michael Whiteley
4. Ayers Rock - Colin Chin
5. Peace of Mind - Richard Schönerz, Shido
6. Land of the Morning Calm - Mino Cinelu, Philippe Saisse
7. Cityscape - Gary Chang
8. Chorale - Ted Greenwald, Scott Hitzik
9. In the Age of Steam - Mark Darnell, Paul McCandless
10. The Lure of Silence - Tim Story
11. Shadows of the Earth - Roy Finch




実はこのアルバム、昔からNHKがいろんな番組で使ってるNHK御用達BGM集でもある。すでにCD自体は廃盤になっているので、興味のある人は早めに手を打って、ヤフオクかアマゾン(日本のでもアメリカのでも)で手に入れておくといいと思う。

p.s.1  NHKの番組については、まあ、感想はいろいろあるけれど、ここでは詳しくは書かない。でも、ひとこと言うと「日本の家族関係は本当にダメになっちゃったんだな」ってことだな。遺骨の引き取りさえ拒絶する家族・親族があれほど多いのを見るとね。

p.s.2  この「無縁社会」という番組の中にも「ハイジ効果」を発揮する娘たちの話が出てきてたね。やっぱ現実にもあるんだな、ああいうことは。

p.s.3  「戦う司書」のごとく、死んだら身体は蒸発して、石の本になるってのがいいな、オレは。
PR
Comments
Paul McCandless
Paul McCandless 来日公演があります。9/24-25 新宿 Pit Inn です。
Posted by invs - URL 2011.09.11,Sun 22:38:03 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
P.McCandless +古佐小基史 - ライヴまで2週間
P.McCandless +古佐小基史のライヴまであと2週間となった。名バンド "Oregon" でRalph Towner とともに名を馳せる管楽器プレイヤーと、アメリカで活躍する若手ジャズ・ハーピストによるデュオ公演だ。オリジナル曲もOregon の曲も演奏する。 公演詳細 アーティスト自作関連ヴィデオ、その他紹介  古佐小基史関連ヴィデオを集めたサイト
タダならぬ音楽三昧 - URL 2011.09.11,Sun at 22:38:31
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[04/01 バウンドヘッド]
[04/01 トロロ]
[08/07 バウンドヘッド]
[08/06 えな]
[06/19 たく]
プロフィール
HN:
バウンドヘッド
性別:
男性
自己紹介:
一応ロックファンですが、でも実は70年代のアコギものLPもよく家で聴いてます。邦楽だと日暮しの『ありふれた出来事』、洋楽だとアメリカの『名前のない馬』が、私のイチオシ・アルバムです。
e-mail lexxforward@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]